京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年05月19日

病気にならないように防ぐこと。これが予防歯科というものなのです

日本の歯科治療は今まで「治す」ことが目的でした。もちろん虫歯や歯周病を治療することは大切ですが、「治しておしまい」ではいけません。ブラッシングなどの虫歯にならないためのケアを怠れば、また新しく虫歯をつくってしまうだけです。あなたのお口の中にも、いくつかの詰めものや被せものがあるのではないでしょうか。ハンドピース

また、知らないうちにかかって知らないうちに進行していく歯周病にも予防が必要です。放っておいて歯が抜けてしまってから後悔しても遅いのです。かかってしまった病気を治すのではなく、病気にならないように防ぐこと。これが予防歯科というものなのです。
超音波スケーラー
レントゲン診査を利用した予防歯科
予防歯科でレントゲン撮影をすることでの効果とは一般的な歯科検診は、目視できる範囲で行います。しかし、実際の虫歯や歯周病などお口のトラブルは「歯ブラシが届きにくい場所」に起こりやすいもの。レントゲン撮影せず「隠れ虫歯」があると、気づかないまま進行します。痛みが出て気づく頃には大きな虫歯に!

ということもあります。そこで、レントゲン撮影も加えて精査します。目視だけの診査では見落としがちな歯と歯の間や奥歯の見えにくい部分、また歯ぐきの中に隠れている部分(歯根や歯周組織)の状態まで確認することが可能。細部まで検診することで、予防の精度も上がるのです。
歯科 通販

虫歯になる「4つの条件」を回避する
虫歯になりやすい条件である「菌・糖分・歯質・時間」を満たさないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。虫歯菌の働きを抑制するためには、まず毎日の歯みがきを正しく行うこと。そして食べ物をよく噛み、唾液を十分に出すことで自浄作用を促します。糖分に対しては、歯みがきで糖分をお口に留めたままにしないこと。おやつを選ぶ際には歯に付着しやすいものを控える工夫をしましょう。

歯の質を強化するため、歯磨き剤にフッ素入りのものを使用したり、定期的にクリーニングを受けることもよいでしょう。長時間、歯が汚れたままになっていることを避け、糖分はダラダラ喰いをしないことなどの工夫をしましょう。

PMTC
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、「専用器具を用いたプロによる歯のクリーニング」のことです。ドクター・歯科衛生士が専用の機材とフッ素入りペーストを使用し、虫歯や歯周病の最大の原因であるバイオフィルムを除去していきます。普段、自分では磨ききれない磨き残しや茶しぶ・たばこのヤニ汚れなどもきれいにできるので、施術後はお口の中がとてもすっきりすると好評です。



Posted by みなみなみ  at 17:36 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ