京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年06月22日

次第に周囲の骨が溶けて減ってしまう歯周炎へと進行していきます

歯周とは「歯」と「歯を支える周囲の骨や歯茎」の事をさします。歯周病とは一般に歯を支えている周囲の骨が溶けて減ってしまう病気の総称です。 歯周病には歯肉炎と歯周炎という2つの時期があり、初期には歯茎から血が出るなどの症状を覚える歯肉炎から始まり、次第に周囲の骨が溶けて減ってしまう歯周炎へと進行していきます。現在日本人の80%が歯周病にかかっていると言われています。
ハンドピース
【初期段階】
歯と歯肉の間や歯と歯の間にプラークがたまると、プラークと接している歯肉は炎症を起こします。炎症を起こすと歯肉は赤く色が変わり、ぽってりと腫れてきます。歯を磨くと出血が見られます。ポケット(歯の周りの歯ぐき)は炎症によりゆるくなって引き締まりがなくなります。初期では歯を支えている骨に細菌の進入はありません。しっかりプラークコントロールすれば歯肉は引き締まり、元にもどります。
オートクレープ
【歯周病初期】
歯周炎を放置すると、細菌はゆるくなったポケットから歯根の表面のセメント質に進入します。細菌は死ぬとセメント質の上に硬いかたまりを作ります。これを歯石といいます。
歯石は新しい細菌の住みかになるのと同時に、それ自体も炎症を起こすとても有害なものです。この時期はもうプラークコントロールだけでは元に戻りません。歯石と細菌の進入した、汚染されたセメント質を削り取ります。
http://yoboushika.blog.wox.cc/
【歯周病中期】
プラーク、歯石、細菌で汚染されたセメント質が存在するためポケット内の炎症はだんだん下や横に進み、歯を支えている歯槽骨や歯根の周りの歯根膜に炎症を起こします。
プラークや炎症による口臭も強くなってきます。歯根膜に炎症が起こると歯肉がはがれてポケットが深くなり、より細菌が住みやすくなります。歯根膜炎を起こし、噛んだときの違和感や痛みを感じることもあります。骨に炎症が起こると骨は徐々に溶けていき、歯を支える部分が少なくなっていきます。歯を支える骨が少なかったり、炎症が強いときは歯が揺れることもあります。この時期になると歯周炎初期と同じ治療で治っても、歯肉が下がって根が出てきている状態になります。それでも治らない場合、骨を作る様な手術が必要になることもあります。
歯科材料

【歯周病後期】
骨がなくなったことによる歯の揺れはさらに炎症を強くし、骨を溶かします。また、歯の揺れにより歯根膜も炎症が強く、揺れるたびに痛みがあるような状態です。特に炎症が強いときは膿が出てくることもあります。ここまでくると治療しても治すのはかなり難しく、抜くことになる可能性もあります。



Posted by みなみなみ  at 17:57 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ