京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月19日

健康な歯と同じような自然な色と輝きが得られます

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。

セラミックス・ラミネート(ラミネートべニア法)
ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックスを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。
薄く削るだけなので歯へのダメージも最小限であり、天然歯に近いごく自然な仕上がりです。
ハイブリッドクラウン(ジルコニア)
セラミックスとプラスチック(レジン)を混合した素材で、審美性と強度のバランスの良い素材です。天然歯に近い色の詰め物ですので、金属の詰め物のように口の中で目立ちません。健康な歯と同じような自然な色と輝きが得られます。
歯科用材料
メタルボンド
全てセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

オールセラミック
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。
歯科材料

オールセラミックのメリット
補綴物の中で最も自分の歯のような透明感・艶がある
金属を使わないため、歯茎が黒ずむ不安がない
歯垢や食べ物の色素が付きにくい
金属アレルギーの心配がない
口腔内カメラ
デメリット
金属を使用している補綴物よりも衝撃に弱い
保険適用外のため負担額が大きい



Posted by みなみなみ  at 17:33 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ