京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月23日

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです

自覚症状がほとんどないまま進行するので、気づいたときには深刻な状態におちいっていることもめずらしくなく、日本人(40代以上)が歯を失う最大の原因となっているほどです。

歯周病初期(歯肉炎)
歯茎に赤い腫れが見られます。歯周ポケットも少し深くなっています。ブラッシング時や食事の際に出血することがあります。痛みなどの自覚症状はありません。

軽度歯周病
炎症が顎の骨まで進行しています。歯周ポケットはさらに深くなり、出血や腫れが気になるようになります。口臭が出始めるのもこのころから。

中等度歯周病
炎症が拡大しており、歯槽骨(しそうこつ=歯を支える顎の骨)が溶かされてきています。歯を指や舌で触るとグラグラし始めます。
歯科治療器具
重度歯周病
歯槽骨の大部分が溶かされています。歯はグラグラして今にも抜け落ちそうです。歯茎の膿や強い痛み、口臭もあります。

プラークコントロール
歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。
歯科材料

スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯 石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けてい ない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待 できます。
超音波スケーラー
【PMTC】プロが行うお口の清掃
歯科医師・歯科衛生士など専門家が、専用の機器を用いてお口の中の清掃を行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。むし歯・歯周病の予防だけでなく、口臭の改善にも効果があります。PMTCでは、通常の歯磨きでは除去できないバイオフィルム(歯垢や歯石が成長してできた汚れの膜)を除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。



Posted by みなみなみ  at 16:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ