京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月29日

歯肉炎が進行すると歯周炎となり、下記のような症状がでます

また朝起きた時、お口の中がネバネバすることはありませんか?口臭がある。硬いものが咬みにくい。以前より出っ歯、すきっ歯になった気がする。歯がグラグラする。歯ぐきから膿が出る……。また、歯ぐきが痛いなとか、かゆいな、なんて感じることはありませんか?これらは、代表的な歯周病の症状です。自覚症状が出ている時点で、すでに歯周病が進行している状態。早めに治療を受けましょう。

歯周病ってどうしてなるの?
お口の中に溜まったプラークによってできた細菌の毒素が、歯ぐきや顎の骨などを溶かしてしまう病気が「歯周病」です。「歯周病」が悪化すると、年齢に関係なく、最悪の場合若い人でも歯が抜け落ちてしまいます。
歯科用マイクロスコープ
高齢になると、より悪化しやすい病気ですが、日本では40代の約8割がかかっている(もしくはその予備軍)「国民病」なのです。日頃のブラッシングでプラークが残ってしまう理由の一つに、咬み合わせの問題が考えられます。咬み合わせがずれていると、正しいブラッシングができないからです。歯周病の原因と咬み合わせの関係は、とても密接なのです。
歯肉炎の症状
歯茎が腫れる
歯茎が赤みをおびる
歯みがきの時に出血する
歯肉炎のほとんどは、歯垢や歯石によって歯周病菌が繁殖したことにより発症します。
放置すると次の段階の「歯周炎」となってしまい、治療にも時間がかかることになるので、気が付いたら早めに歯科医院にいきましょう。
パルスオキシメーター
歯肉炎が進行すると歯周炎となり、下記のような症状がでます。
歯茎が腫れる
歯茎から膿が出る
お口の中がネバつく
歯茎が下がる、歯が長く見える
冷たいものや、熱いもの、酸っぱいものがしみる
口臭がする
歯がぐらつく、または抜け落ちる
噛むと痛みがある
歯科器具

スケーリング
歯ぐきの上部や、内側に隠れているプラークや歯石を、「スケーラー」という器具で取り除きます。歯と歯の隙間が広くなったり、歯が長くなったように感じたりする方もいますが、余計なものが取れただけで、全く問題ありません。

ルートプレーニング
歯ぐきに隠れて見えない歯根面にこびり付いた歯石や沈着物などを、特殊な器具で取り除きます。歯根面がツルツルになり、プラークが付きにくくなります。



Posted by みなみなみ  at 16:36 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ