京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月29日

骨がなくなって歯がグラグラして抜け落ちてしまいます

歯を失う原因の80%が歯周病か虫歯ですが、その中でも歯周病で歯を失うことの方が多いことが分かっています。歯周病は歯と歯茎の間のすき間から細菌が入り込んで、まず歯茎に炎症を起こし、いずれ歯を支えている歯槽骨を溶かしてしまう病気です。そのうち進行すると骨がなくなって歯がグラグラして抜け落ちてしまいます。
歯科治療器具
虫歯の場合は痛みを出すので自分で気が付きやすいですが、歯周病の場合はよほど病状が悪化しないとこれといった症状を出しません。それゆえ、「自分は虫歯もできたことはほとんどないし歯医者にはあまりお世話になったことがない」と言っている人ほど、症状が悪化して手遅れになっていることが多い病気でもあります。そんなことにならないためにも歯周病で起こってくるサインを知り、早めに対処することが大切です。

歯磨きで歯茎から出血をしてしまうことがある
なんと言っても「出血」というのが歯周病の典型的な症状です。歯茎には沢山の毛細血管が通っているので、歯周病で炎症が起きてしまっていると、その炎症部分の毛細血管がもろくなり、出血しやすくなってしまうのです。
超音波スケーラー
口の中がネバついた感じになる
歯周病菌が繁殖していると、さらさらだった唾液が粘り気を出すようになります。菌の繁殖が一通り行われた睡眠後の朝に、口の中が何か気持ち悪い感じになってしまっている方は歯周病にかかってしまっている恐れがあります。

歯がグラグラするようになった
歯周病は進行すると、歯茎が破壊されるのはもちろん歯を支えていた骨自体が溶けてしまいます。結果、歯がグラグラと揺れるようになってしまうのです。
もちろん天然の歯はがっちりと固定されているわけではなく、ある程度動くものではあるのですが、指などで触ってグラグラと動くようなら、歯周病が相当進行している可能性があります。
歯科医療機器

スケーリング
歯肉炎~軽度歯周炎の場合に行います。歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を取り除きます。

ルートプレーニング
軽度歯周炎~中等度歯周炎の場合に行います。歯根にまでこびりついたプラークや歯石を除去する治療です。治療後は歯の表面がザラつくので、スケーリング後はルートプレーニングでなめらかに仕上げます。



Posted by みなみなみ  at 17:14 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ