京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月12日

放置すると土台となっている顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう場合もあります

他の歯科治療をした方でも、よいお口の状態を維持するためには、歯周病にならないように予防を意識していくことが大切です。

歯肉炎(歯周ポケットの深さ4mm以内)あまり痛みはありません。歯肉が赤く腫れ、ブラッシングの刺激で出血することがあります。
家庭用超音波スケーラー
第2段階
歯周炎(歯周ポケットの深さ4~6mm)歯肉だけではなく、顎の骨まで歯周病菌が達した状態です。歯肉からの出血に加え、歯のぐらつき、口臭といった症状が出ます。

第3段階
歯周炎(歯周ポケットの深さ6mm以上)触れると痛みを感じます。歯のぐらつきも大きくなり、放置すると土台となっている顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう場合もあります。

歯周病が重症化すると、スケーリングやルートプレーニングだけでは歯石が除去できなかったり、また歯周ポケットの奥深くに歯石が溜まったりしてしまいます。通常はスケーリングやルートプレーニングで対応しますが、それでも歯石を除去できない場合は、外科的治療を行います。
エアーモーター
歯周病の外科的治療は、歯肉を切開して歯と歯ぐきの間に溜まった歯石を除去し、歯肉を縫合することで歯周病の改善を目指します。また、歯周病の進行によって歯の土台となる顎の骨が減少している場合は、特殊な材料を使って骨の再生なども行うケースもあります。

歯周病菌は、お口の中だけでなく、全身の病気を引き起こすことが最近の研究で明らかになってきました。歯ぐきには血管が多数あるため、歯ぐきからの出血時に歯周病菌が血管に入り込み、全身へと運ばれていきます。そして、棲みついた先の臓器でさまざまなトラブルを引き起こすのです。全身の健康維持のためにも、歯周病の治療と予防は重要です。

スケーリング
日常のデンタルケアだけでは取り除けない汚れをスケーラーと呼ばれる洗浄器具を使って除去します。

ルートプレーニング
スケーリングだけでは除去できない、歯周ポケットの奥に付着したプラークや歯石を専用器具で清掃します。その後、再付着を防止する処理を歯の表面にします。



Posted by みなみなみ  at 16:41 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ