京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月13日

細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます

歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきます。症状としては歯ぐきのはれや出血などから始まり、進行すると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となっています。また、歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなっているケースが多く、35歳を過ぎると8割以上の方が歯周病にかかっているといわれています。
歯科 ユニット
歯周病は「歯周ポケット」から始まる
歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。

歯周病は健康にも関係しています
歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、その歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣にも注意が必要です。食事(よく噛まない)や歯みがき(きちんと磨かない)、ストレス、喫煙などの生活習慣が歯周病を起こしたり、悪化させる大きな要因となっています。また、一方では、歯周病が、糖尿病や誤嚥性肺炎、動脈硬化など全身のさまざまな病気と関わっていることも明らかになってきています。歯垢をしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。
ニッケルチタンファイル
歯周ポケットのチェック
プローブという器具を用いて、1本1本の歯の歯周ポケットの深さを測ります。この数値が歯茎の炎症と歯槽骨の吸収の度合いを表します。ある部分だけ、歯周病が進んでいることがあってもしっかりと把握することができます。

ブラッシング指導
歯周病治療でもっとも大事な過程です。歯科医院での専門的ケアに加え、家庭でのブラッシングが治療の成功を大きく左右します。

スケーリング(歯石除去)
超音波スケーラーを使って歯石をしっかりと取り除きます。このとき、一緒にフッ素入りクリーニング剤をつかって歯面をきれいに磨きます。



Posted by みなみなみ  at 16:39 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ