京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月25日

歯の表面に付着したバイオフィルム(歯石・歯垢)を完全に除去します

歯を失ってしまう大きな要因のひとつが歯周病です。日本人の成人の8割以上が歯周病にかかっており、気づかないうちに進行してしまう恐ろしい病気とも言えます。

歯周病は早期の治療が大切です
歯周病は、歯石除去によるメンテナンスや毎日のブラッシングにより、歯周病菌を取り除くことで進行を止めることは可能です。早期の治療で歯周病を進行させないようにすることが大事です。年をとったら、歯を失うのは仕方ないとあきらめないでください。

歯科医院で「お口の中を衛生的にする治療(プロフェッショナルケア)」を受け、その上でホームケアをきちんと行わなければ、歯周病はなかなか治りません。歯科医院でしか行えないプロフェッショナルケアを定期的に受けましょう。
家庭用超音波スケーラー
①スケーリング(歯周組織のクリーニング)
歯の表面に付着したバイオフィルム(歯石・歯垢)を完全に除去します。
歯垢が石灰化した歯石の表面はザラザラしているため、バイオフィルムが付着しやすく、歯磨きでは除去できません。きれいに除去できても、不衛生にしているとまた付着しますから、定期的に歯科医院で除去する必要があります。

②ルートプレーニング(歯根面のクリーニング)
スケーリング終了後に、歯周ポケット内の歯根(歯の根)表面に付着したバイオフィルムを除去し、細菌によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を取り除きます。
歯根面を滑らかにすることで、バイオフィルムの付着を防ぎます。
歯茎の深い部分を清潔にするルートプレーニングは、バイオフィルム除去の仕上げ作業と言えます。

③ブラッシング指導(歯磨きの説明と練習)
ブラッシング指導では、日頃の歯磨きの欠点(磨きにくい箇所など)を洗い出し、正しい歯磨き方法をご説明いたします。定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを行っていても、日頃のホームケアが不十分では、清潔なお口の状態を維持することは難しいでしょう。歯科医院には毎日通えませんから、ご自宅でのケアを怠ってはいけません。
技工機器
お口の環境を整える ”PMTC”
PMTCは、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を用いて行う、専門的な歯とお口のクリーニングです。歯磨きでは届かない場所で進行する歯周病を改善し、予防していくには、PMTCは最適な方法と言えます。口臭予防や、歯の着色(黄ばみ)を改善する効果もあり、とても気持ちが良いと好評です。



Posted by みなみなみ  at 16:55 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ