京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月28日

現在、歯を失う原因で最も多いのが歯周病によるものなのです。

歯周病は歯の周りに付着した汚れ(プラーク)により歯の周りの歯茎(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。プラークには歯周病の原因となる細菌が含まれており、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに細菌が入り込むと、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて出血します。

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラしはじめ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は初期の段階では痛みなく進行するため、“サイレントディジーズ(静かなる病気)”とも言われています。現在、歯を失う原因で最も多いのが歯周病によるものなのです。

軽度歯周病
【症状】
歯ぐきが炎症をおこし赤く腫れます。ブラッシングすると出血がみられますが、痛みを感じることはありません。
【治療例】
炎症が起きている部分を検査し、クリーニングして歯垢や歯石を取り除きます。また、正しいブラッシング方法を指導します
ハンドスケーラー
中等度歯周病
【症状】
歯垢や歯石により歯周組織に炎症が生じます。口臭が強くなり、容易に歯ぐきから出血します。歯がグラつく場合も。
【治療例】
検査を行い、どの部分に炎症があるかを調べ歯石を除去します。ブラッシング方法を確認していただき、歯周病がひどい箇所は歯周ポケット深くまで徹底的に掃除を行います。

重度歯周病
【症状】
痛くて強く噛むことができない。治療にも時間がかかり骨がなくなる場合もあるので、入れ歯も安定しなくなります。
【治療例】
完治させるのが困難で、歯を保存するために歯周外科手術や再生療法を行います。最終的には1~2歯欠損はブリッジ、3本以上の場合は入れ歯になることが多いです。
歯科 鉗子
歯周病予防に必要なこと歯周病を発症・悪化させないためには、日常的な予防が必要です。
ここで紹介するプラークコントロールや歯周病を引き起こす要因の改善を効果的に行うことで、歯周病は確実に予防することができます。
丁寧な歯磨き
最も効果的な歯周病の予防法といえるのが毎日の歯磨きです。
歯垢を残さないようにしっかりと歯を磨くことで、歯周病のリスクを大幅に下げることができます。自分ではしっかりと磨けているつもりでも、きちんと磨けていない場合があることから、歯科医での歯磨き指導を受けるとよいでしょう。



Posted by みなみなみ  at 16:56 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ