京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月02日

出血・口臭が頻繁に見られるようになり、歯石も目立つ状態です。

成人の約8割がかかっていると言われますが、深刻な事態になるまで気づかずにいる患者さんも大勢いらっしゃいます。近年、歯周病が全身疾患と深い関わりがあることがわかってきており、歯周病予防の重要性が高まっています。歯周病の主な原因は細菌です。毎日の歯磨きが正しく行われないと、お口に汚れや歯垢がたまります。それが石灰化して歯石に変わると、歯と歯茎の間にある「歯周ポケット」という溝が深くなり、細菌の温床となってしまうのです。やがて歯を支える歯槽骨までがとかされ、歯を失うことになってしまいます。

歯周病も虫歯と同様に、プラーク内の細菌が原因で起こります。歯と歯茎の境目に付着したプラークから細菌が繁殖すると、細菌が作り出す毒素によって歯肉に炎症が起きてしまうのです(歯肉炎)。歯肉炎の段階で、適切な治療を行えば完治も可能ですが、気付かずに放置してしまうと歯と歯肉の間に隙間(歯周ポケット)を作ってしまいます。この歯周ポケットは、進行するほど深くなり、ひどくなると1cmもの深さにまで達します。また、歯周ポケットが深くなればなるほど、歯を支える骨(歯槽骨)も溶かされてしまいますが、進行すると歯がグラグラしてきて、最悪は抜け落ちてしまいます。歯周病は、虫歯と並んで歯を失う大きな原因となっています。

軽度歯周病
【状態】
歯と歯肉の間についた歯垢・歯石に細菌が繁殖して、歯肉に炎症が起き、歯が腫れたり出血している状態です。
【治療方法】
・1~2回の専門的なクリーニング
・効果的なブラッシング
オートクレーブ
中等度歯周病
【状態】
出血・口臭が頻繁に見られるようになり、歯石も目立つ状態です。歯周ポケットも深くなり、少しずつ骨が減っていき、歯がガタガタしはじめます。
【治療方法】
・丁寧な歯垢の除去
・痛みのある場合、麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要
・歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合、歯周外科の施術が必要
電気歯髄診断器
重度歯周病
【状態】
歯周病がさらに悪化し、歯肉が化膿して赤く腫れあがり、歯を支える骨もかなり減ってしまった状態です。歯のぐらつきもかなり大きくなります。
【治療方法】
・歯周外科による治療
・歯周病の進行度によっては、抜歯が必要になる場合がある



Posted by みなみなみ  at 17:02 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ