京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月03日

歯周病が進行するにつれ、顎の骨はどんどん溶かされていきます

歯周病は子どもから大人まで誰でもかかる歯の病気で、歯茎が腫れる「歯肉炎」と、炎症が進んだ状態の「歯周炎」の2つに分類されます。 歯肉炎は「プラーク」と呼ばれる歯垢や歯石に細菌が繁殖して炎症を起こして軽度の出血があるもので、口腔内のケアをきちんと行えば問題はありません。
歯科 超音波スケーラー
 しかし歯を支える組織にまで炎症が及ぶと、「歯槽膿漏」と呼ばれる歯周炎の状態になり、重症の場合には歯が抜けてしまう病気です。以下のような症状が見られる場合は歯周病の可能性があるので、歯科医院で検査を受けましょう。3つ以上当てはまったら歯周病になっている、または進行している可能性があります。

歯周病の進行

ブラッシング(歯磨き)の不足や磨き方が不適切だと、歯の周囲に細菌による汚れであるプラークが溜まってきます。

プラークが蓄積することにより、歯の周りの組織すなわち歯周組織が口の中にある細菌によって炎症状態になります。

炎症が進行すると歯茎の発赤・腫脹・ 排膿が起こってきます。

重症化すると歯の周囲で歯を支えて入る骨が失われ歯が動いたり、抜けたりすることがあります。
歯科用マイクロスコープ
細菌検査
お口の中にはさまざまな細菌が棲んでおり、その種類や量などは一人ひとり異なるもの。歯周病菌の状態を調べ、適切な治療計画の立案に役立てます。

レントゲン検査
歯周病が進行するにつれ、顎の骨はどんどん溶かされていきます。レントゲンによって骨の密度を調べ、進行段階を確認します。

だ液検査
唾液を採取して細菌の種類や数を調べる検査です。これらを知ることにより、歯周病の効果的な予防計画が可能になります。

スケーリング・ルートプレーニング
軽度歯周炎に対して行う処置。歯周ポケット内のプラーク(歯垢)や歯石を「スケーラー」という器具を使って取り除きます。最後に歯根面をツルツルに磨き上げ、汚れの再付着を防ぎます。



Posted by みなみなみ  at 16:57 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ