京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月06日

喫煙は歯周病の環境因子からみた最大のリスクファクターです

今や成人の約80%、10代~20代の方でも約65%が罹患しているといわれている、お口の病気です。そして、この「歯周病」は感染症ですから、人から人へと感染をしていきます。また、「虫歯」と違って痛みがなく進行していくので気が付いた時には重症化していることも少なくはありません。

では自分は今歯周病に感染しているのだろうか?そして歯周病は進行しているのだろうか?ここでは、このような症状を感じ始めたら「歯周病」かも・・・?という、「歯周病」に現れる症状をご紹介していきます。そして「歯周病の症状」をご説明するにあたり、人の歯や歯茎はどんな構造になっていて、「歯周病」はどのように進行していくのかお話したいと思います。
光照射器
喫煙と歯周病の関係
喫煙は歯周病の環境因子からみた最大のリスクファクターです。喫煙者は、非喫煙者に比べて2~8倍、歯周病に罹患しやすく、喫煙は歯周病の治癒も遅延させます。喫煙は癌・循環器疾患(心臓病・脳卒中)・呼吸器疾患(肺気腫・喘息)などの多くの病気の原因であることはよく知られています。一方でタバコ煙の入口となる消化器としての口腔、特に歯肉を含めた歯周組織は、直接その影響を受けることになります。

したがって歯周病も同じように、喫煙と関連性が強いことは多くの研究により支持され、喫煙は糖尿病と並んで歯周病の二大危険因子となります。すなわち一酸化炭素やニコチンなどの影響により、歯周組織における宿主応答(抵抗性)や治癒に悪影響を及ぼします。その結果、喫煙者では歯周炎が進行し、そればかりではなく歯周病の治療への反応や歯周外科手術の経過が不良になることもはっきりしています。
オートクレーブ滅菌
PMTC(プロによる歯のクリーニング)
PMTCとは、Professional(専門家が)Mechanical(専用の機械で)Tooth(歯を)Cleaning(クリーニングをする)の略語です。つまり、歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使って行う本格的な歯のお掃除になります。

いくら毎日丁寧にブラッシングなどのケアをしていても、取り切れない歯石や汚れ、バイオフィルム(細菌の巣)などが付着しています。こういったものがたまると歯周病や虫歯の原因になってしまいます。毎日のブラッシングに加え、歯科医院で定期的なクリーニングをしていきましょう。
 



Posted by みなみなみ  at 17:05 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ