京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月10日

歯周病はむし歯とは違ってはっきりとした痛みがなく、気づきにくい病気です

虫歯が全然なくて健康的な口腔内だと思っていたら、実は歯周病になっていたというのはよくあることです。なぜなら、歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がないから。知らず知らずに進行し、気づいたら歯がグラグラして……というケースは少なくありません。
家庭用超音波スケーラー
歯周病とは、歯周病菌が毒素を出して歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える顎の骨を溶かし、最終的には歯が抜け落ちてしまうこわい病気です。しかし、虫歯同様に原因がはっきりしているため、きちんとケアしていればリスクを減らすことができます。大切なのは毎日のブラッシングと定期的な健診。積極的に歯医者に通い、予防処置を受けましょう。

歯周病に気付くポイント
歯周病はむし歯とは違ってはっきりとした痛みがなく、気づきにくい病気です。気づいたときには病気が進行してしまい、歯が抜ける寸前だったというケースもあります。以下の症状があれば早めに当院にご相談ください。
・歯を磨くときに出血がある
・固いものを噛むと痛みを感じる
・口臭が気になるようになった
・歯がぐらつく感じがする
スリーウェイシリンジ
歯周病の治療
一口に歯周病と言っても、原因や症状を悪化させている要因は患者さま一人ひとりによって異なります。そのため、治療を始める前に検査を行い、それぞれに適した治療をしていきます。

プラークコントロール
歯周病の予防・治療ともに重要なのは、プラークコントロールです。歯周病の原因となる歯垢(プラーク)の増殖を抑えるのが目的で、正しいブラッシングや、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使います。

スケーリング
毎日のブラッシングで取り残してしまうプラークや、ブラッシングでは取り除くことができない歯石を除去し、再び付着しづらくするように処置する治療法です。歯周病になると歯周ポケットが深くなり、そこにたまったプラークが病気を進行させていきます。スケーリングをすることによって歯ぐきの炎症が治まり、歯周ポケットも浅くなるので、症状の改善が期待できます。



Posted by みなみなみ  at 16:33 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ