京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月25日

「歯のエステ」として広く使われています。

審美歯科とは、歯の痛みを治すだけでなく、歯や口元の『見た目』の改善を目的とした治
療の総称のことをいいます。口元の印象は、あなた自身の印象を作る大きな要因の一つです。整った歯並び、さわやかな白い歯、健康的なピンク色の歯ぐき…どれか一つ変わるだけでも、あなたの印象は大きく変わるはずです。
マイクロモーター
ラミネートベニアとは?
ポーセレン・ラミネート・ベニア法は、セラミック製のつけ歯で歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せる方法です。安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので歯を美しくする審美歯科の主流を占めています。治療期間は、最短2回の通院ですみ、痛くないのでストレスがほとんどありません。セラミックなので歯ぐきにやさしく、磨耗や変色の心配がないので好評です。ガタガタの歯並びや、すきっ歯などもきれいに治すことができます。また、歯の形や色などは、希望に合わせてつくることができますので「歯のエステ」として広く使われています。

セラミック(白いかぶせもの)
セラミックだけで作られたかぶせものです。寿命は半永久的とまでいわれ、温度による膨張・収縮率の異なる金属と陶材の接着という難しい技術もクリアした、強さと美しさを合わせ持っています。またブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があり、審美製の高いセラミックと耐久性の高いメタルの長所を兼ね備えています。

ハイブリッドセラミック(白いかぶせもの)
セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜたものがハイブリッドセラミックです。金属の土台の上にハイブリッドセラミックをのせるこの治療法は天然歯そっくりの色調に作ることができるため、ほとんど自分の歯と区別がつきません。ハイブリッドセラミックはレジンのような収縮や変色も少なく、耐久性にも優れています。
ハンドピース
ハイブリッドセラミックインレー(白いつめもの)
セラミックとプラスチックを混合した材質です。複数の素材を積み重ねることにより周りの天然歯となじみます。さらに歯の切削量が少なくすむというメリットがありますが、大きな虫歯には使用できない場合があります。



Posted by みなみなみ  at 16:04 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ