京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月26日

歯周病治療は、進行段階を把握して適した治療を行うことが大切です

特に歯と歯肉(歯茎)の間にある歯肉溝と呼ばれる部分に磨き残しなどがある場合、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバとした細菌のかたまりが付着します。プラークには、数億個の菌がいるとされていて、その中でも歯周病を引き起こす菌によって、周囲が赤く炎症します。
歯科用ユニット
歯垢をそのまま放置すると、硬くなり歯石となります。歯石になってしまうと、歯磨きのブラッシングだけでは除去することが難しくなります。さらに放置すると、溝が深くなっていき、歯を支える土台が溶けていき、最終的には、歯が抜けてしまいます。

歯周病検査方法
歯周病治療は、進行段階を把握して適した治療を行うことが大切です。

歯周ポケット検査
歯と歯茎の間、歯周ポケットの深さを測り、進行段階を把握します。深ければ深いほど悪化しています。

歯の揺度検査
歯をピンセットでつまみ、どの程度揺れるかを調べます。揺れが大きいほど顎の骨が溶かされている度合いが大きく、悪化していることがわかります。
歯科バー
レントゲン検査
レントゲン撮影によって、顎の骨の溶解度を調べます。溶解が進んでいるほど、歯周病は悪化しています。

あなたの歯周病チェックをしましょう
歯肉が赤み・紫色味を帯びている
歯石が付いている
歯みがきの時に歯肉から出血がある
口臭がするようになった
口の中がネバネバする
歯が浮いた感じがある
歯がぐらつくようになった
ものが噛みにくい
歯肉が下がって歯が長く見える
昔よりも出っ歯になった
歯と歯の隙間が広がって、食べ物が挟まりやすい
歯ぎしり、食いしばりをする
糖尿病にかかっている
タバコを吸っている
歯周病の進行にともなってあらわれる上記の症状について 歯周病の症状と歯の周りで起きていることを見てみましょう。



Posted by みなみなみ  at 15:26 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ