京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月31日

歯周疾患チェックをしましょう!

歯周病とは、歯肉や歯を支える歯槽骨などの歯周組織に起こる疾患の総称のことです。歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌感染を引き起こします。歯周病の初期は、歯肉が腫れ歯肉ポケットを形成する「歯肉炎」になります。進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)や膜を破壊し深いポケットを形成し、歯周炎になります。
コントラ 歯科
「軽度歯周炎」では、歯槽骨が破壊され始め、歯周ポケットが3から5ミリメートルになります。「中程度歯周炎」では、歯槽骨がさらに破壊され、歯周ポケットが4から6ミリメートルになります。「重度歯周炎」では、歯槽骨が歯の根の長さの1/2以上破壊され、歯周ポケットが6ミリメートル以上になります。歯周病予防は、セルフチェックで早期発見が大切です。歯周疾患チェックをしましょう!

歯周病の進行段階と治療法
軽度歯周炎:危険度2
軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~4mm程度と言われています。この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです

中度歯周炎:危険度3
中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは4~5mm程度です。この段階での治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。
抜歯 器具
重度歯周炎:危険度4
重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。

虫歯や歯周病には初期に自覚症状がないため、自分では発症に気づきにくいものです。そこで当院では「定期検診」をおすすめします。歯は痛くなってから治療するものではなく、「治療する前に予防する」という予防歯科にも通じる考え方です。定期健診は、治療後の健康な口腔内状態の維持や歯周病などの再発防止に大変役立つだけでなく、口内状態の変化をいち早く発見して、早期治療を施すこともできるのです。



Posted by みなみなみ  at 15:44 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ