京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月08日

歯槽骨が大きく破壊され、歯が支えを失ってしまった状態です

歯周病は歯と歯肉の境目につくバイ菌の塊(プラーク・歯垢)によっておこる「歯の周りの病気」です。はじめは歯肉の炎症による出血や腫れを特徴とする歯肉炎、それが放置され炎症が深部まで進行すると歯を支えているアゴの骨(歯槽骨)が破壊され歯周炎になります。一般的に言われている歯槽膿漏は、歯周炎が重度に進行した状態をいいます
 歯科レントゲン
軽度(歯肉炎)
磨き残し、歯垢がたまった状態で歯茎に炎症が起こりますが、自覚症状はほとんどありません。場合によっては歯磨きの際に少量の出血を伴うこともあります。
軽度~中等度
炎症が歯ぐきだけでなく歯をささえる歯槽骨にまで及んでいる状態が歯周病の軽度~中程度になります。歯と歯ぐきの間の溝(いわゆる歯周ポケット)も大きくなっています。自覚症状は歯のぐらつきや歯磨きの際の出血、歯ぐきが下がってしまったことにより歯がしみるといった症状が出ることがあります。

重度
歯槽骨が大きく破壊され、歯が支えを失ってしまった状態です。
歯はぐらつきが大きく、食事の際にも上手く噛めず煩わしい思いをするなどの影響が出ます。

定期的な位相差顕微鏡を用いた定期検診を受けましょう
歯周病を起こす細菌に再び感染していないか?
お口の中が再感染しやすい環境になっていないか?
など、歯科医院での位相差顕微鏡を用いた定期検診を受けましょう。
電気歯髄診断器
定期的なPMTC(歯の清掃)を受けましょう
歯科医院で専門家による歯周組織のクリーニングを定期的に受け、口腔内を徹底的にきれいにしましょう。

ブラッシング指導を受け適切な歯磨きをマスターしましょう
まず染め出しによる磨き残しチェックを受けて歯磨きの弱点を知りましょう。
その後、歯磨き指導(TBI)を受け正しい歯磨きを覚えましょう。お口の状況によっては歯間ブラシやデンタルフロスの使用方法も説明します。

歯周病を治す生活習慣を身に付けましょう
患者様に口腔ケア(歯磨きなど)や飲酒・喫煙、ストレスなどの日常生活の状況をお聞きした上で、歯周病を治すために必要なこと、良くないこと、日常生活で改善すべきことなどを説明(口腔保険指導)します。



Posted by みなみなみ  at 15:27 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ