京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月25日

歯周病の重症度によらず、日々の歯磨き(ブラッシング)が最も重要な治療となります 歯周病とはなんなのか?

口臭の原因としては広く知られていますが、歯周病がどういう病気なのか分からない、そういった方も多いかと思います。歯周病とは、歯と歯肉の間に多くの細菌が滞留することによって起こる炎症性の疾患のことです。炎症には自覚症状がないことが多く、そのまま放置していると歯と歯肉の境目(歯周ポケットと呼ばれています)がドンドン深くなり、歯を支える土台が溶けて抜歯にまで至ります。
マイクロモーター
歯周病の原因は細菌による炎症と書きましたが、すべての細菌が原因となるわけではありません。口の中には300から500種類の細菌が住んでいますが、これらの細菌は普段は悪いことをあまりしません。糖分の過剰摂取や、歯ブラシが不十分の状態が続くことで歯垢が歯の表面に定着します。この歯垢に、1mg中で10億もの細菌が住み着いていると言われており、これらが歯周病の原因となる炎症を引き起こします。

歯周病の進行
歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。歯周病の進行段階は、下の図のように、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

歯周病の原因はプラークですので、歯周病の重症度によらず、日々の歯磨き(ブラッシング)が最も重要な治療となります。軽度歯周炎で歯石が沈着している場合は、専用の機械・器具を使って歯石を除去します。中等度以上の進行したケースでは、深いポケット内にある歯石が取り切れないことがあるため、歯肉を切除するなどの歯周外科が必要となることもあります。重度歯周炎であれば、抜歯せざるをえない時もあります。
超音波スケーラー
スケーリング(歯石取り)
食べかすなどが残ると、歯垢として歯の表面などにこびりつきます。
これが初期であればブラッシングで除去することもできるのですが、歯石レベルになると不可能です。この段階だと歯科医院で「スケーラー」と呼ばれる専用器具で除去しなければなりません。歯石は、毎日丁寧にブラッシングをしていても付着するものなので、定期的に歯科医院で除去することが望ましいでしょう。

ルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットの溝が深くなり、その中にも歯石が付着してしまいます。これを「スケーラー」で除去することは難しいので、「キュレット」という専用器具を使用します。キュレットはそのまま歯周ポケットの溝の中に入ることができるので、深い部分の歯石でも確実に除去することができます。



Posted by みなみなみ  at 15:32 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ