京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月28日

歯磨きの時に出血して気がつくことが多いです

日本人の歯を失う主な原因になっている歯周病とは、どのような病気でしょうか。それは、歯と歯茎の境目につくばい菌(プラーク)がひきおこす感染症です。歯肉(歯茎)や歯槽骨(歯をささえている骨)が侵されます。重症になると、歯が抜け落ちてしまいます。歯周病には次のような歯肉炎と歯周炎があります。
歯科治療器具
軽度歯周炎
プラークが石灰化して歯石になり、歯肉溝にプラークや歯石がこびりついています。
歯肉の炎症がひどくなり歯槽骨が溶け始めている状態。歯肉ポケットが深くなります。歯茎が下がりはじめました。歯磨きの時に出血して気がつくことが多いです。

中等度歯周炎
歯肉ポケットがより深くなり、歯槽骨がさらに溶けた状態。歯が長くなって見えたり、歯がぐらぐらし始めます。

重度歯周炎
歯槽骨は大きく失われ、歯はぐらぐらしてうまく噛めません。歯肉は腫れて痛いです。歯がポロリととれたりします。口臭が強いです。

歯周病になると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に細菌が増え、歯槽骨を吸収していきます。やがて歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。 
ハンドピース
歯周病には大きく分けて歯肉炎と呼ばれる状態と、歯周炎と呼ばれる2種類の時期があります。歯肉炎までの状態であれば、大抵の場合において、原因となっている細菌(歯垢と歯石)を除去し、丁寧にブラッシングをすれば治ります。しかしながら歯周炎まで症状が進行してしまい、重度の状態になると、抜歯せざるを得ない場合があります。

歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。歯の喪失の原因となり、歯ぎしりがあるとさらに悪化して進行が速まります。歯ぎしりと歯周病が予防できれば、その副作用で起こるお口の病気も予防ができます。

プラークコントロールとは、歯垢(プラーク)を調節、管理すること、すなわち歯周病の直接の原因である『歯垢(プラーク)=細菌の塊』の増殖を抑え、歯周病を予防しよう!ということです。歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですから、それをためない、増やさないことが基本です。

そのためにはまず、正しいブラッシングを毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。歯垢(プラーク)は食事するたびに歯に付着しますので、毎日、または毎食後、自分で歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に、そして確実に除去することでプラークコントロールする事が可能ですが、すでに歯周病にかかっている方は歯周ポケットが深くなっているため、歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を自分で除去する事は難しいので歯医者で歯垢(プラーク)を除去してもらわなければなりません。



Posted by みなみなみ  at 16:52 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ