京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月06日

虫歯のメカニズムです

私たちが飲食物で糖を摂取すると、歯に付いた歯垢(プラーク)の中にいるばい菌(ミュータンス菌)が酸を作り出します。口の中の酸の度合いが高まってくると、歯のミネラルやカルシウム、リンが溶け出し、虫歯の始まりである脱灰(だっかい)となるのです。通常ならば食後、時間が経過すれば唾液が酸を中和したり洗い流したりするため、口の中は中性の状態に戻り、虫歯のできにくい環境へ変化します。
ニッケルチタンファイル
これが再石灰化です。このように歯は、脱灰や再石灰化を繰り返しています。しかし飴やお菓子を口にする時間が長い場合や、甘い飲み物を常時飲むなどして糖分を多く摂りすぎると再石灰化できない状況が続き、虫歯はどんどん進行します。これが虫歯のメカニズムです。

虫歯の治療
虫歯は、口の中に居る細菌が砂糖のような糖質を酸に変えて、歯の表面にあるエナメル質を溶かしていく現象です。虫歯の治療については、その進行の度合いによって、治療方法が異なります。

軽度の虫歯治療
フッ素を塗ったり、詰め物で歯の溝を埋めて、これ以上悪くならないための治療をおこないます。

中程度の虫歯治療
歯に痛みがでたり、歯茎に炎症が出た場合のように、自覚症状が出た時は中程度まで進んでいる場合が多くあります。初めに、虫歯部分を削り取り、その後、詰め物により補修をおこないます。詰め物は、種類があり、保険適応のものと、適応外のものがあります。
また、歯髄と呼ばれる神経が炎症を起こしていたり、腐敗している場合は、歯髄を取り除く治療をおこないます。(根管治療)歯髄を取り去って残った根管と呼ばれる箇所を詰めます。神経を取った歯は脆くなってしまうため、土台を入れてクラウンと呼ばれるかぶせものをして治療します。
マイクロスコープ 歯科
重度の虫歯治療
重度の虫歯の場合は、抜歯が基本となります。この場合、虫歯になっている歯だけでなく、口の中に異常が確認される場合があります。その場合は、虫歯部分だけでなく、歯茎などを含めて、総合的な治療が必要になります。



Posted by みなみなみ  at 17:26 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ