京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月22日

生活習慣を見直すことも重要なポイントです。

歯周病は日本人の約8割の人がかかっていると言われており、誰もがかかる可能性がある病気です。そして、初期段階では自覚症状がないため進行しやすいことから「サイレント・ディジース(沈黙の病気)」とも呼ばれています。歯を失う原因の37%は虫歯、50%は歯周病であると言われており、歯周病は原因第1位の恐ろしい病気なのです。「歯ぐきが腫れている」「歯ぐきから出血する」「口臭が気になる」といった症状がある方は、歯周病の可能性があります。
スリーウェイシリンジ
歯周病の原因
歯周病の主な原因は歯周病菌がひそむ歯垢や歯石です。歯みがきが不十分で、口腔内に残ってしまった食べカスを栄養にして歯周病菌は細菌の塊である「歯垢」を形成します。やがて歯垢が石灰化して「歯石」となり、それらが歯周病を引き起こします。そのため、歯周病の発生を防ぐには、普段の歯みがきと歯科医院での歯のクリーニングが有効です。歯垢や歯石をしっかり落とすことで歯周病を防ぐことができます。また、歯周病になる原因は他にもあります。いずれも生活習慣や癖などと密接な関係があり、生活習慣を見直すことも重要なポイントです。

早期発見・早期治療
歯肉炎のうちに症状に気づけば、ブラッシングの徹底や歯石除去のみによる短い期間での治療で済み、健康な状態に戻せます。しかし、歯周炎に悪化した場合、いったん破壊されてしまった組織はもとに戻せません。できるだけ早期に治療を行ない、これ以上状態が進行しないように食い止めること=早期発見・早期治療が大切です。歯周病のチェック項目に日頃から気を配り、歯周病の可能性を疑ったら歯科医院にご相談ください。
超音波スケーラー
歯周病の原因になっているプラークと歯石の除去を行ないます。歯石はブラッシングで取り除くことができませんので、特殊な器具で除去します。治療の回数は歯周病の進行程度により異なります。2、3回の治療で済む場合から、多くの回数にわたる場合もあります。
これらの治療により、歯周組織が改善され、歯周ポケットの深さ(2~3mm)が維持されれば、メンテナンスに移行します。また、その状況に合った効果的なブラッシング法を指導させていただきます。



Posted by みなみなみ  at 16:42 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ