京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年01月12日

日本人成人の約8割の方が、程度の差こそあるものの、何かしらの歯周病症状を患っていると言われています

歯周病とは、歯の周りにある組織が怪我をしていたり、風邪を引いているような状態をいいます。日ごろの食事や喫煙といった生活習慣の中で、歯の周りにはカス(歯垢)がたまります。この歯垢に含まれている細菌によって、歯周組織が炎症し、腫れが出血を起こし、口臭を放つようになります。これが歯周病の始まりです。
エアーモーター
歯周病は口の中だけの病気ではありません。放っておくと、細菌が血管へと侵入し、病原が全身へと広がってしまいます。糖尿病などの生活習慣病、心筋梗塞といった生死に関わる病気へと発展するケースも報告されています。不安にさせてしまったかもしれませんが、「たかが口の中」と思わず、大切な内臓の入り口だと思って、口内に気を遣っていく意識をお願いいたします。

日本人成人の約8割の方が、程度の差こそあるものの、何かしらの歯周病症状を患っていると言われています。それでも歯周病は深刻化するまで自覚症状が出にくいことから、お口の健康状態の長期維持を見据えた場合、定期的に歯医者さんを受診することが唯一歯周病を回避できる道だと言えます。当院でも、「歯が痛くなくても定期的に受診するようにしてください」と治療を終えた患者さまに必ずお伝えするようにしています。このような当院の予防歯科の取り組みや考え方、治療方法などについてご紹介いたします。
ニッケルチタンファイル
クリーニングで歯垢を落とす
自分で行う歯磨きでは、丹念に研いたつもりでも歯垢の60%程度しか取れないと言われています。クリーニングは、特別な器具と薬剤を使い、コーヒーやタバコのヤニ、歯垢を取り除きます。定期的にクリーニングをすることで白い歯を維持することができます。ホワイトニングと合わせて施術されると更に美しく輝く白い歯になります。

ブラッシング指導も
歯科衛生士が正しいブラッシングの指導を行っています。普段の歯磨きでたまった歯垢を取り除いていければ、歯の痛みに苦しみながら歯科医院へ通う、といったこともなくなるはずです。ぜひブラッシング指導を受けにご来院ください。



Posted by みなみなみ  at 16:13 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ