京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年01月25日

歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防

むし歯も歯周病も生活習慣病ですから、治療が終わったからと言ってむし歯や歯周病になったままのお手入れや食生活を続けているとすぐに再発してしまいます。再発を避けるためには、お口の条件を整えて、きちんと手入れされた健康な歯肉を保つ予防が重要です。
むし歯や歯周病の予防は、口内だけでなく、全身の健康にも良い影響を与えます。

また、予防をしっかり行って将来、歯を失わないようにすることで健康寿命は伸びる可能性が高くなります。そしてなにより口内のトラブルがなくなれば、日常生活の中で「会話」「食事」「笑顔」を心おきなく楽しむことができます。
コントラ 歯科
PMTC
歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。
PMTCの効果
歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防
知覚過敏、虫歯の進行抑制

シーラント
シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です。その方法は非常にシンプルで、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるのです。(レジンとは、軽い虫歯治療の時につめる白いもの)
奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。実際に行う際には、本来の噛み合わせをずらすことになるので、噛み合わせに注意しながら進めます。
パルスオキシメーター
フッ素塗布
歯の一番外側にあるエナメル層は、フッ素を取り込むことで、より丈夫に硬く、そして虫歯になりにくくなります。フッ素を取り込むには歯医者で行う方法とホームケアで日常的に行う方法があります。

食事の仕方を見直します
予防歯科では、食生活に問題があるようでしたら正しい食事指導を行います。たとえば間食や甘い飲み物も、上手にとるようにしたらむし歯や歯周病になるリスクはそれほどあがりません。食生活の見直しは、むし歯や歯周病予防にとって、かなり重要な治療のひとつです。



Posted by みなみなみ  at 15:27 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ