京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年02月01日

歯周病は長い期間を経て進行したものなので治療には相応の期間が必要です。

『歯周病』と言う言葉は、誰でも聞いた事があると思います。ところで、その『歯周病』がどういった病気かは知っていますか?ほとんどの人は、『歯ぐきが腫れたり、歯磨きをした時に出血したりするのが歯周病なのでは・・・。』と思っています。少し前まで、歯周病は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたので歯ぐきから膿が出る病気だと思っている方も多いです。もちろん、歯ぐきから出血したり、歯ぐきが腫れたり、膿が出ることもあります。ただ、これらは歯周病の症状の一つにすぎません。
では、『歯周病』がどんな病気かと言うと、歯を支えている骨と歯ぐきが溶けてしまう病気です。
歯科材料
歯周病の治し方
歯周病の根本的な原因は歯垢(プラーク)です。歯垢(プラーク)は毎日のブラッシングで取り除く事が可能なのですが、実際には歯磨きの仕方が間違っていたりして完全に取り除けていないことが多く、歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない「歯石」になり、歯石は歯周病菌の棲家となるため早めに取り除かなければ歯周病が進行してしまいます。

そこでこれらの歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくしてもらう治療法が「スケーリング&ルートプレーニング」で、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することにより炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなりますので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。また詰め物、被せ物の不適合があれば歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物、被せ物が合っているかどうかをチェックし、これらが合っていなければ修正します。
オートクレープ

歯周病治療の基本的な流れ
検査
歯周病検査(歯周ポケットの測定、歯ぐきの出血検査、歯の揺れ検査)、
レントゲン撮影などを行います。
2. 歯に付着した歯石(細菌)を取り除きます。
3. 改善具合を確認するために再び歯周病検査を行います。
4. 改善が見られない部分はさらに深い部分の歯石を取り除きます。
改善するまで③④を繰り返します。
状態によっては外科的な治療を行う場合もあります。
歯周病は長い期間を経て進行したものなので治療には相応の期間が必要です。
根気よく治療を続けましょう。
また治療後の良い状態を維持するためには、歯科医院での定期的なメインテナンスと毎日のセルフケアが大切です。



Posted by みなみなみ  at 15:41 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ