京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年03月23日

虫歯や歯周病は、たとえ治ったとしてもメインテナンスを怠ると再発してしまいます

日本では30歳以上の約8割の方がかかっているといわれる歯周病。歯茎から出血があったり膿が出たりといった症状が起き、 そのまま放置しておくと歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、歯が抜けてしまう病気です。 最近の研究によると、歯周病にかかると「糖尿病」「心筋梗塞」「早産・低体重児」などのリスクが高くなるとされています。このような症状を引き起こさないためにも、歯茎から出血があったり、膿が出たりといった症状が見られたら、 すぐに歯科医院へ行きましょう。 また歯周病は自覚症状が出にくいので、現在は症状が見られないという方にも「予防歯科」をお勧めします。
歯科材料 通販
予防歯科の重要性
予防の重要性と予防しないデメリット
むし歯や歯周病は正しいケアによりリスクは減りますが、ご自分ではみがけない部分に汚れが残ってしまいます。こうした汚れがたまってしまうと、正しいケアを行っていてもむし歯や歯周病になってしまう可能性があります。むし歯や歯周病の治療は治すというより、それ以上進行しないようにするものです。そのため再発を繰り返すといずれ歯を失うことにつながりかねません。そのため、専門家による徹底的なクリーニングを定期的に受けると安心です。

PMTC
専用機器を用いたプロによる歯のクリーニングを、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と言います。しっかりとブラッシングしているつもりでも、歯ブラシが届きにくい場所にはどうしてもプラークが溜まってしまい、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。 PMTCによってプラークや歯石を完全に除去することにより、口腔内の細菌の力を弱め、虫歯になりにくい口内環境をつくることができます。虫歯・歯周病・口臭の予防効果のほか、歯の着色を取り除き、きれいな歯を保つことができます。
電気歯髄診断器
定期健診
虫歯や歯周病は、たとえ治ったとしてもメインテナンスを怠ると再発してしまいます。これは上述の通り「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」という考えが根底にあることが大きな原因です。健康な歯を保つための鉄則は、普段から「予防」を心がけること。普段のケアをおろそかにすると、虫歯・歯周病になる確率は大幅に高くなります。ただし、ご自分でしっかりとケアをしていても、完璧にプラークや歯石を除去することはできません。当院では、健康な歯を保つために3~6ヶ月ごとに定期検診の受診をおすすめしています。



Posted by みなみなみ  at 15:22 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ