京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月02日

予防歯科は、文字通り虫歯や歯周病といったお口の病気を予防することを目的とした診療科です

歯は一度失うと、もう二度と元には戻りません。それは、歯が抜け落ちた場合はもちろんのこと、虫歯などで、エナメル質が欠けてしまった場合でも同じことが言えます。ですから、虫歯や歯周病というのは、何よりも予防することが一番なのです。おそらく、入れ歯やブリッジなどを装着した経験がある方はわかるかと思いますが、こうした補綴装置には異物感があります。また、ものを食べた時の感触というのは、天然の歯とはかなり異なります。そうして初めて、自分自身の歯をありがたく感じた、という患者さんは数多くいらっしゃいます。

ですので、80歳まで20本の歯を残そうという8020運動が声高に提唱されていますが、それは単に言葉だけのスローガンではないのです。80歳まで自分の歯が20本残っていることで、毎日の食事がどれだけおいしく感じられるか、また、人生そのものが豊かになることでしょうか。その重要性を理解する人が増えてきたため、最近では日本でも、予防歯科の概念が急激に広まりつつあるのです。
歯科器具中古販売
予防歯科とは
予防歯科は、文字通り虫歯や歯周病といったお口の病気を予防することを目的とした診療科です。これらの病気を予防するためには、歯磨き指導を行ったり、歯の汚れを落としたりと、様々な処置が施されます。けれども、虫歯予防というのは、毎日の積み重ねによって成し遂げられるものなので、そう簡単なものでもありません。また、歯医者さんの治療だけでも、あるいは患者さんの努力だけでも達成されるものではないのです。この両者の取り組みが継続されていくことによってはじめて、虫歯予防や歯周病予防が達成されていきます。そんな予防歯科には、まずセルフケアとプロフェッショナルケアという、2つの要素があることを知っておきましょう。
光照射器
予防歯科の重要性とは?
しっかり歯磨きしているつもりでも、歯と歯の間や奥歯は汚れが取れにくく、歯垢や歯石がたまって虫歯や歯周病の原因になります。今の日本人で歯を磨いていないという人はあまりいません。皆さん「磨いています。」と言われます。でも虫歯や歯周病が一向になくなりません。実際歯の表面を染めだしてみたら、磨き残しが一杯あるのです。そうです。磨いているつもりでも、しっかり磨けていないのです。皆さん自己流でやって、磨いたつもりになっているのです。一度専門の歯科衛生士に磨き残しがないかチェックしてみてもらってはいかがでしょうか。その上で、正しい磨き方の指導をうければ、バッチリですね。
当院では歯科衛生士が専門的な機械などを使用して、患者さまの歯をクリーニング(PMTC)いたします。歯を削ることがないので痛みはありません。健康な体と心は、健康な歯から始まります。患者さまの大切な歯を守るためにも、定期的にクリーニング(PMTC)をおすすめします。



Posted by みなみなみ  at 12:09 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ