京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月03日

予防歯科は、虫歯や歯周病を防ぐための診療メニューです。

歯医者さんへは、「痛くなってから」「おかしくなってから」行くという方が多くいらっしゃいます。しかし、虫歯になってしまった場合には、どうしても削らないと治療が出来なかったり、歯周病で歯を失ってしまったりなど、悪くなってから治療を行うと、補う治療をする事はできますが、元の状態には戻りません。

ですので、なるべく虫歯や歯周病等の病気にならず、健康な歯を保つ為や、治療が終わった後の良いお口の状態を保つために「予防歯科」はあります。痛くなる前に、歯医者さんで、「歯科検診」や「歯のクリーニング」を行い、予防中心の歯のケアを始めませんか?
高圧蒸気滅菌器
虫歯や歯周病は治療よりも予防がおすすめです
プロフェッショナル技術で虫歯・歯周病予防
PMTCは、専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢(細菌の塊)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する行為をいいます。

虫歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され,現在多くの国で行われています。前述の唾液検査の判定のもと各々のリスクに応じた間隔でPMTCを受ける事で、虫歯の再発及び歯周病の進行を防ぐことができます。
電気歯髄診断器
効果を出すために定期的にクリーニングを
プラークの中で最も病原性の高い「バイオフィルム」を落とすことのできる方法です。歯ブラシでは落とすことができないため、機械的に除去し、虫歯予防のほか、歯周病予防にも大きな効果があります。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されるといわれているため、3ヶ月に1度のPMTC実施で、理想的な口腔内環境を維持しましょう。

虫歯も歯周病も、初期には自覚症状がほとんどない病気です。定期検診では、健康なうちから専門家の目でしっかりチェックして、病気の予兆を早期に発見し、適切な処置を施します。治療は早ければ早いほど、痛みもなく、時間もかからず、治療費も少なく抑えることができます。毎年の健康診断や人間ドックのように、お口の健康も定期検診で守っていきましょう。



Posted by みなみなみ  at 15:30 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ