京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月04日

虫歯や歯周病になる前に歯垢・歯石を取り除ける

予防歯科とは、虫歯や歯周病を防ぎ、健康なお口を維持する予防処置を行います。
歯科医療の先進国である欧米諸国では、歯科医院の役割が「治療」から「予防」へ徐々に変わってきました。その流れを受けて、日本でも予防歯科が重要視されるようになってきています。予防歯科の目的は、「お口を健康に保ち、生涯自分の歯で過ごす」ことです。虫歯や歯周病を治療することはもちろん大切なことですが、何より大切なのは虫歯や歯周病にならないことです。そのためには、日々の正しいブラッシングと定期検診が重要になってきます。

予防歯科は、虫歯や歯周病を予防、また早期発見ができるのはもちろん、その他にも下記のようなさまざまなメリットがあります。
虫歯や歯周病になる前に歯垢・歯石を取り除ける
治療にかかる時間と費用を少なく抑えられ、何度も通院する必要がない
口臭が予防できる
コントラ 歯科
虫歯や歯周病が進んだら、人工の補てつ物を使用して治療し、進行を食い止めることしかできません。また、特に歯周病は痛みが出てからでは手遅れという状態がほとんどです。そうなると、余計なお金や時間を費やして治療しないといけません。しかし、日頃から定期的に歯科医院でメインテナンスし、ブラッシング指導やお口のクリーニングを受けていれば、比較的少ない時間と費用でお口の健康を維持できます。虫歯や歯周病になる前にお気軽に当院へお越しください。お口の環境は十人十色なので、当院では一人ひとりに合ったブラッシング方法を指導し、予防プログラムをご提案しています。

予防治療のメリットとして治療にかかる費用を低く抑え、期間を短くすることができると申し上げましたが一番大事な点は歯(天然歯)を最大限健康な状態に保てるということです。大きく削る治療はどうしても歯の寿命を縮めてしまいますし、神経を抜いたり抜歯をしたりするともう取り返しのつかない状態に陥ります。歯を長く健康に保つことには多くの効果が期待できます。
マイクロスコープ 歯科
食生活が充実する
豊かな食生活を続けるためには健康な歯が欠かせません。スムーズな咀嚼ができない状態だと噛む回数が減ることでさらなるむし歯を発症させたり胃腸に負担を与えたりします。食事自体が億劫になって栄養を充分に取れず、健康を害する事態を招くこともあるでしょう。また咀嚼は脳に刺激を与える効果があり、噛まなくなると脳の機能が弱まってしまうというデータもあります。今では機能的にも審美的にも天然歯と遜色のない人工歯が多く開発されていますが、それでも天然歯を長く保つことに優ることはないでしょう。



Posted by みなみなみ  at 15:13 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ