京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月04日

歯の表面に付着している黄色がかった膜のようなものをプラーク(歯垢)といいます

日本において歯科医院は「歯が痛くなったら」足を向ける場所という感覚が一般的です。むし歯になったから、歯周病になったから……けれど海外とくに欧米においては「予防歯科」という考え方が一般的となっています。

これはむし歯や歯周病などの口内にトラブルが生じる前から歯科医院に通ってメンテナンスを行うことで、トラブルを未然に防ごうというものです。このように聞くと「どこも悪くなっていないのに医師にかかるのか」「費用がもったいない」などと思われる方もいるかもしれませんが、予防歯科にかかることには多くのメリットがあります。

まず治療の面では定期的に歯科医院にかかることで例えばむし歯を初期状態で発見することができ、簡単な処置で完治することができます。痛みを感じてからはじめて歯科医院を訪れる場合はむし歯の症状がだいぶ進んでいることが多いので、大体において削らなくてはならないし、抜歯となることも最悪あり得ます。予防歯科にかかっていれば多くの場合歯を残したまま治療することができます。また費用においても、大掛かりな治療をする必要がないのでトータルで抑えられることがほとんどです。
家庭用超音波スケーラー
プラークコントロール
歯の表面に付着している黄色がかった膜のようなものをプラーク(歯垢)といいます。このプラークの中にはむし歯や歯周病の原因となる菌が含まれているのでなるべくなら歯に付着させないほうがいいものです。
レントゲン照射器
しかし一度歯の表面に付着したプラークは吸着力が強く、うがい程度では落ちないので、歯ブラシやデンタルフロスを用いてきちんと落とさなければなりません。このプラークを発生させないようにすることをプラークコントロールといいます。そのために日々の歯磨きを怠らないことや食事においては甘いものを食べることや間食を控えることなどが必要とされます。

このプラークコントロールは二つに分けることができます。自分で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルコントロールです。
セルフケアとは先述したような日々の歯磨きや食事をはじめとした生活習慣に注意することで、プロフェッショナルコントロールとはセルフケアでは対処しきれない部分を補うことです。どれだけ歯磨きを徹底してもどうしても落とせない汚れは口内に残ってしまうので、歯科医院で歯周ポケットや歯の隙間にあるプラークや歯石を取り除きます。セルフケアとプロフェッショナルコントロール、この二つを組み合わせることでより効果の高いプラークコントロールを実現することができます。



Posted by みなみなみ  at 16:01 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ