京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月05日

歯周病は細菌感染症。全身の血管の病気です

歯科の予防と全身の健康
歯を一定以上失うと、咀嚼能力の低下から低栄養や筋力・運動能力の低下などADL(日常活動能力)の低下を招きます。また、脳の委縮が起こり学習能力低下や認知症になりやすくなると言われています。つまり、歯を失うと早期に介護生活になる確率がグッと上がってしまうのです。さらには、寿命にも影響することがわかってきています。実は、歯の喪失を予防することは、全身の健康を維持し、幸せにすごす期間(健康寿命)を延伸することなのです。

歯科の予防と生涯医療費
定期的に歯科の予防・メンテナンスを受けている人は、すべての病気に掛かる総医療費を抑制できる傾向にあります。前述のように歯が悪いと様々な全身の健康状態に影響を及ぼします。そのため、お口の健康を保つことは全身疾患の発症を予防し、結果として全体の医療費が下がり、歯科の費用を含めた生涯医療費が平均よりも低くなるのです。
歯の模型
口腔内細菌の全身への影響
歯周病は細菌感染症。全身の血管の病気です。近年、歯周病は、様々な全身疾患に関連していることが示唆されています。虫歯の原因菌は歯の表面でしか増殖できませんが、歯周病の原因菌は血液中に侵入して増殖できるので、血流に乗って全身に疾患を引き起こす危険があります。実際、心筋梗塞で亡くなった方の閉塞した冠状動脈から歯周病の原因菌が検出されたりします。循環器以外にも呼吸器系の感染症や肺炎などを引き起こしたり、糖尿病の悪化や早産・低体重児出産の要因になると言われています。

予防することのメリット
1 : 虫歯・歯周病の発症予防
歯科医院で定期的なケアを受けることで、口腔内の健康状態が保たれ、虫歯・歯周病の発症率が低くなります。
生体情報モニター
2 : 治療による負担の軽減
歯科治療は、費用だけでなく痛みや通院時間のなども患者様の大きな負担となります。予防によって治療が不要になれば、それらの負担は一切発生しません。

3 : 口腔内が快適になる
歯科医院での定期的なケアによってお口の中が快適に保たれ、口臭予防にもつながります。ヘアスタイルを整えるために美容室に通う感覚で、歯のケアのために歯科医院に通う方も増えています。



Posted by みなみなみ  at 11:52 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ