京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月06日

予防歯科で期待できる効果

極端なお話をすると、悪くなった歯が再生可能だったり、抜けてもまた新しい歯を植えることができるのであれば、予防歯科の存在意義は小さなものになります。しかし生まれ持った自分の歯はかけがえのないもので、失ったらもう二度と取り戻すことは叶いません。そのため、問題が起きる前にできるだけ早い段階で対処することが必要であり、良い状態を維持するためには歯科医院と患者さまの二人三脚で取り組む予防歯科が不可欠です。

「歯医者さんは歯が痛くなった時に行く場所」という考え方は今や古いもので、近年では予防のために歯科医院に行くというスタイルが広まりつつあります。症状が出た後の治療はもちろん大切なことですが、どんな治療にも勝るものはむし歯そのものにならないことです。
歯科用マイクロスコープ
悪くなってから歯科医院を訪れる形を続けていると、むし歯の再発によって同じ歯を何度も削り、詰めものがどんどん大きくなっていって、最終的に歯を失う結果にも繋がります。
そのような負の連鎖を断ち切るためには、日常のケアの質を高めながら定期的にプロのケアを受ける予防歯科へと意識を切り替えていくことが求められます。

歯を失った場合の治療方法のリスク
歯を失った場合に考えられる対処として、古くから用いられてきた入れ歯やブリッジという治療法は、どうしても残された歯に負担がかかることを避けられません。
また、一時的には噛めるようになっても、長い目で見ると徐々に歯を失っていくという流れを変えることはできないのが事実です。

インプラントは唯一その流れを遅らせることができる治療法ではありますが、ご自身の歯と全く同じ感覚を取り戻すことは難しく、メンテナンスも天然歯より手間がかかります。
ご自身のかけがえのない歯をできるだけ長く使い続けるためには、やはり予防の意識をしっかり持って定期的な管理をしていくことが大切です。

予防歯科で期待できる効果
しっかりとした予防歯科で口内の環境を良い状態に維持することは、むし歯や歯周病を未然に防いで治療の必要性を省き、大切なご自身の歯を長持ちさせる以外にも、歯周病が引き起こすといわれる心疾患や脳血管疾患、糖尿病などの全身的な疾患や口臭を防ぐことにも繋がります。
エアーモーター
定期的にクリーニングを受けていると歯の自然な白さを保つことができ、口元がすっきりと綺麗になることで人に与える印象が良くなるという効果も見込めます。当院の予防歯科では、高い技術力により丁寧なクリーニングを行うことはもちろん、歯の表面を磨く時には研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うなど、歯を傷めずに効果を高めるためのさまざまな工夫を凝らしています。



Posted by みなみなみ  at 15:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ