京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年02月13日

歯周病(歯槽膿漏)の原因はお口の中の菌であることは間違いありません。

しかし、歯周病(歯槽膿漏)になる原因はそれだけではありません。それは歯並びであったり感染であったり、咬み合わせであることも。歯周病(歯槽膿漏)を改善し、良い状態を維持していくためにはそれらの原因を潰していくことが大切です。いくら正しいセルフケアをしても、歯並びが悪ければ取り除けない歯垢は必ず出来てしまい、歯石へと変わっていきます。いくらお口の中の菌の数を減らしても、キスや食べ物・飲み物の回し飲みなどから新たな菌に感染してしまうこともあります。

また、咬み合わせによって進行が早まったり状態が悪化することも考えられます。それらを解決し、予防することで自分の歯を長く保てる可能性は劇的に上がることは確かです。一生自分の歯で美味しくものを食べていくために、また歯周病(歯槽膿漏)が原因となる全身の病気を予防するためにも、その原因治療を一度検討することもアップル歯科は必要な方にカウンセリングでお話しています。
ハンドピース 歯科
歯周病の進行
歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因になる場合があるのです。

[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります。

[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。
歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、出血したり膿が出てくる事があります。

[進行度3] 歯がぐらついてくる
歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。
歯周ポケットでの炎症により歯根膜、歯槽骨が先端部から溶けてきます。
マイクロモーター
[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出します。歯のぐらつきがひどくなり、硬いものは食べられなくなってきます。
  

Posted by みなみなみ  at 16:31Comments(0)

2018年02月12日

予防歯科で大切なこと

予防歯科これまで歯科医院へは歯が痛くなってから行くところ、というのが普通でした。
しかしそれでは虫歯や歯周病が進行してしまっていたりして、もはや手遅れということも少なくありません。そのために普段から定期的に検診を行い、虫歯や歯周病を未然に防ぐための予防歯科という概念がとても注目されてきています。

予防歯科で大切なこと
まず虫歯や歯周病の予防の目的として、歯のクリーニング(プラークや歯石の除去)を行います。特に歯石は歯ブラシではとれないので、歯科医師や衛生士が専門の器具を使って取り除くことが必要です。
また、毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届かないところ、汚れが溜まりやすいところがでてきます。その部分を徹底的にクリーニングし、また効果的に磨いていただけるよう歯ブラシの指導を行います。
オートクレーブ
虫歯や歯周病の検査
特殊な器具やレントゲンを使って、虫歯や歯周病にかかっていないかを検査します。
既に虫歯や歯周病にかかっている場合は、まずは虫歯や歯周病の治療から行い、それから予防歯科治療をします。
唾液検査
どんな予防歯科治療が必要なのかを判断するために、唾液を検査します。
唾液を調べると、あなたが虫歯にかかりやすいタイプなのかがわかるため、効率の良い予防歯科治療ができます。

PMTC(ピー エム ティー シー)
毎日の歯みがきで念入りに磨いているつもりでも、歯と歯の間や歯と歯茎の境目などの場所にこびりついた汚れは磨き残してしまうことから虫歯や歯周病になりうることがあります。PMTCは歯科衛生士が高度なスキルで蓄積しがちな歯垢や着色汚れ、細菌(バイオフィルム)を取り除くことができます。
生体情報モニター
フッ素塗布
定期的なフッ素塗布は歯の表面を強く保ち虫歯になる可能性をグッと下げることができます。これは、フッ素には虫歯菌が出す「酸」に負けない強い歯にする効果があるからです。

ブラッシング指導
ご自宅でもしっかりとケアができるように歯の磨き方をレクチャーします。
年齢や歯の生え方などによって、人それぞれに正しい歯磨きのやり方が違うので、自己流の歯みがきでは磨き残しをしてしまいがちになっていることが多いです。
普段から虫歯予防できるよう、正しい磨き方を身につけましょう。  

Posted by みなみなみ  at 15:50Comments(0)

2018年02月12日

自覚症状(痛みなど)がほとんどない歯周病も注意が必要です

歯が悪くなってから治療を始めると歯を削らなければならない場合がほとんどです。そして、現代の医療では歯の削った部分を取り戻すことはできません。治療後は詰め物や被せ物をして再発の防止をするだけが現状です。また、削ってしまった歯はメンテナンスをしなければ虫歯などを再発しやすくなり、治療のたびに弱くなってしまいます。最悪の場合、治療をしていても歯を失う可能性があります。

自覚症状(痛みなど)がほとんどない歯周病も注意が必要です。自覚症状が無いので、知らない間に進行している場合が多いです。統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっているといわれ、歯を失う一番の原因です。
電気歯髄診断器
PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

定期検診が大切な理由
虫歯・歯周病には、「初期に自覚症状がほとんどない」という共通点があります。そのため発症しても気づきにくく、知らないうちに進行してしまっているというケースが少なくありません。そこで、定期検診が重要になります。定期検診では、医師によるお口の中のチェックに加え、専門的な予防処置を行います。
生体情報モニター
自分では見えにくい部分まで専門家がチェックすることで、早期発見・早期治療が可能になるため、もし何か異変が起きていても簡単な治療で終えられるのです。もちろん専門的なクリーニングなどを行うことで、発症自体も予防できます。お口の中の状態は日々変化するため、ひとり一人のお口の状態に合わせて3~6カ月に1回の割合でお越しいただくことをおすすめします。
  

Posted by みなみなみ  at 15:46Comments(0)

2018年02月11日

歯周病(歯槽膿漏)は自覚がないまま進行するため、“沈黙の病”と呼ばれます

歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称で、歯肉に炎症ができ、状態が進行すると膿が出たり、口臭が酷くなり、最悪の場合は、歯が抜け落ちる感染症です。 初期段階では自覚症状がほとんどないことが特徴です。そのため早期発見・早期治療が大切です。

“沈黙の病”歯周病(歯槽膿漏)
歯周病(歯槽膿漏)は自覚がないまま進行するため、“沈黙の病”と呼ばれます。歯肉の腫れやブラッシング時の出血などの初期症状に気付きにくいため、痛みや歯のぐらつきなどの自覚症状が現れたときには歯周組織の破壊がかなり進んでしまっていることがあります。

歯周病(歯槽膿漏)は治療を行わない限り症状が改善することがなく、放っておくと進行を続けて最後には歯が抜けてしまいますが、治療の開始が早ければ早いほど簡単な治療で改善することができます。また、早いうちから定期的な検査やメンテナンスを受ける習慣をつけておけば、予防することが可能です。
コントラ 歯科
歯周内科治療の流れ
STEP1 歯垢除去
まず、お口の中の歯垢(プラーク)を除去します。除去した歯垢を顕微鏡でチェックして、菌の存在や種類、量などを調べます。この時、自分のお口にいる菌を見て、ほとんどの方が驚かれます。それぐらい多くの菌が存在し、また、ご本人には自覚がないものなのです。

STEP2 除菌
菌の種類や量によって、カビを殺す歯磨き剤によるブラッシングを指導したり、歯周病菌を殺菌する内服薬を処方したりして、これらを徹底的に除菌。それと同時に、特殊な消毒薬を用いて、菌や歯周ポケットを洗浄します。
パルスオキシメーター
STEP3 検査・歯磨き
ブラッシングや薬の服用を続けていただき、10日~14日後に再度、顕微鏡で検査します。除菌されたことが確認できた後には、今度は、特殊な歯磨き剤を用いた歯磨きを1か月程行っていただいた後に、歯石など、通常の汚れを取り除いていきます。
抜歯するしかないと思われていたグラグラになった歯も残せるようになるため、この治療法を受けた患者さまは、皆さん一様に大変驚かれます。歯周病でお悩みの  

Posted by みなみなみ  at 16:13Comments(0)

2018年02月11日

歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともある恐ろしい病気です。30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。 歯肉(歯茎)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があり、歯みがきを怠るとこのポケットにプラークが溜まります。

溜まったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化し最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は虫歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気が付かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期的に検診を行うことが大切です。
エアーモーター
歯周病の進行
歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。
気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因になる場合があるのです。
抜歯鉗子
歯周病の治療法
プラークコントロール
歯周病予防や歯周病治療で基本となるのがプラークコントロールです。
プラークコントロールとは、歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防治療法で、正しい歯磨きの仕方、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が、歯周病予防や歯周病治療の基本です。
スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は、時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。
歯石と歯垢(プラーク)を除去し再び付着しづらくする治療法が、スケーリング&ルートプレーニングです。
歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯科医院で除去することによって炎症が収まっていきます。
また、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。  

Posted by みなみなみ  at 15:40Comments(0)

2018年02月09日

まずはお口から全身を診ることが大切です。

予防歯科とは、病気の発見のみだけではなく、一生自分の歯で噛み、健康で快適 な生活を送るための根本的医療の入口です。医療とは、病気になってからの後始末だけではありません。定期的に普段からお口の健康を守り、また増進するための、積極的な医療でもあります。つまり、病気を原因から治す方法です。

これが、もっとも効果的です。特に歯の治療とは、病気になってしまうと決して元どおりには治せません。また病気になると、ただ歯を1本失う程度では止まらず、一般の方が気付かない、心身の健康をも含めた大切なものまで失ってしまい、ひどく後悔することが多いものです。それを思うと、今のお口の健康を失わないように守り通すことは、非常に高い価値があります。まずはお口から全身を診ることが大切です。

予防方法
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師・歯科衛生士によって行われる、機械的なプラークコントロール(歯垢=プラークの除去)方法です。毎日の「歯磨き」では限界があり、磨き残しが生じてしまいます。専用機器を用い歯をクリーニングしますので、歯磨きで落ちない汚れ、歯ブラシで磨けない歯周ポケットの汚れを取り除くことができ、歯周病や虫歯予防効果があります。
ニッケルチタンファイル
SRP
SRPとは、スケーリング・ルートプレーニングの略で、スケーラーやキュレットと呼ばれる器具を使用して、歯垢や歯石を除去する、歯周病の初期治療です。

ブラッシング指導(歯磨き指導)
歯や歯茎のブラッシングは非常に大切です。ブラッシングは唯一患者さんができる予防でもあり、治療でもあります。ブラッシング方法も多種多様ありますが、それぞれの患者さんにあったブラッシング方法があり、たろう歯科クリニックでは、そのブラッシング方法について指導いたします。
ダイヤモンドバー
唾液検査
唾液には、お口の中の食べかすを洗い流したり、虫歯の原因菌を弱らせるなど、虫歯予防の効果があります。唾液の効果には個人差がありますので、まずは唾液の質を検査し、定期健診の期間(リコール期間)を決定します。定期健診では、歯の状態のチェック・治療と、フッ素の塗布を行います。  

Posted by みなみなみ  at 16:13Comments(0)

2018年02月09日

なぜ、虫歯になるのか?

いくら良い治療をしても病気の原因があれば、病気はまた再発します。虫歯や歯周病の原因は、歯につく汚れの中にいる細菌です。毎日歯を磨いていても歯の汚れを完全にキレイにおとすのは簡単ではありせん。歯科医院でPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行うことによって、虫歯や歯周病を予防することができます。
歯科器具 通販
PMTC
どんなに丁寧に歯磨きしていても、細かい部分の汚れは落としきれません。しかしPMTCであれば、細かい部分まできれいに磨いて、汚れをきちんと落とすことができます。たばこのヤニや茶シブなどの着色汚れが気になる方も白い歯を取り戻せます。仕上げにフッ素塗布を行ない、再石灰化の促進や歯質強化の効果を得られるので、汚れの再付着を防ぎ、虫歯や歯周病の予防にもつながります。※PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning:歯科医師、歯科衛生士が専用の機械を使用して通常の歯磨きでは落とせない汚れや細菌のかたまりを除去する施術)

定期健診
「毎日、きれいに歯磨きをしている」と思っていてもどうしても磨き残しはあり、その汚れが虫歯や歯周病の原因になります。そのために当クリニックでは、下記のPMTCやフッ素塗布などによる定期的な健診をおすすめしています。いつまでも自分の歯で噛めるように、当クリニックがしっかりサポートさせていただきます。PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)歯科衛生士が専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて、歯の汚れを徹底的に除去する方法です。虫歯、歯周病の予防管理を目的としてシステム化された予防歯科の代表的な治療法です。
歯科 鉗子
自分でできるお口のケア
歯磨き
どんなにしっかり治療をしても、自宅で正しい歯磨きがされていなければ意味がありません。1日に3回の歯磨きに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、効果的な歯のお掃除をしましょう。毎日きちんと歯磨きをしていても、すべての歯垢を完全に取り除くのは難しいです。そのため歯が痛くなくても定期的に歯科医院に通うことが大切です。

正しい食生活
食べ物を一度に食べるより、だらだら食べる方がむし歯になりやすくなります。1日3回の食事を基本とし、間食をする場合は決まった時間に食べるようにしましょう。  

Posted by みなみなみ  at 15:32Comments(0)

2018年02月08日

予防歯科は、基本的に歯が生え始めた時から歯の健康を考えることにあります。

予防歯科のポイントといわれていることは、まず第一に「フッ素を口の中に残す」、第二に「歯垢を残さず落とす」、そして「細菌を増やさない」です。 近年、日本でも予防歯科は注目されはじめていますが、欧米では、すでに歯科医院などで定期健診を受けることが習慣になり、日頃から歯科医師や歯科衛生士と一緒に歯とお口の健康づくりを実践しています。
予防歯科は、基本的に歯が生え始めた時から歯の健康を考えることにあります。
歯を失うと生活意欲が著しく下がります。そうならないためにも、正しい知識を身につけ、生涯を通じて歯をトラブルから守り、管理する予防歯科が重要です。
コントラ 歯科
予防歯科の治療方法
予防歯科に必要なことは、歯と口の中の健康を守るため、歯科医院などでのプロフェッショナルケアと、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日のセルフケアの両方です。患者さんが何のためにどのようなセルフケアをすれば、どうなれるのかを患者さんが把握することで、さらに定期的に来院する患者さんに合わせたプロフェッショナルケアの提供が必要です。

まず、セルフケアのための歯ブラシは何がいいのか、歯のクリーニングはなぜ行うのか、自分の口腔内が今どんな状態なのか、なぜそうなったのか、この先どうしたら良いのかなど患者さん自身が把握し、自分自身で歯を大切にしようという提案をします。
抜歯 器具
プロフェッショナルケアとは、患者さんが自分ではケアできない部分をプロのスキルと視点でケアすることをいいます。プロフェッショナルケアで代表的なのが専門的機械的歯面清掃です。歯肉縁下1~3mmまでに存在するプラークを機械的に操作するインスツルメントとフッ化物含有ペーストを用いて除去します。日常の歯磨きでは取り切れない歯石や外来着色物(ステイン)、バイオフィルムを除去し、主に歯周病の予防・メンテナンスとして行われます。
  

Posted by みなみなみ  at 15:44Comments(0)

2018年02月07日

セラミックのみでできたクラウンを、歯にすっぽり被せる方法です

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、 審美歯科において大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。

メタルフリー治療について
メタル(金属)を、一切使用しない「メタルフリー治療」という治療があります。インレー(詰めもの)やクラウン(被せもの)にセラミックを使用することで、まるで歯科治療を受けていない天然歯のような色調にすることができます。目立つ銀歯などの悩みも解決でき、コンプレックスも解消されます。また見た目の問題だけでなく、金属アレルギーの方にも安心して選んでいただけることで、近年とても注目されている治療です。
マイクロモーター
ラミネートべニア
歯の表面のエナメル質を0.3~0.7mmほど削り型を採り、それに合ったセラミックの薄いシェルをつくり、特別な接着剤で貼りつける方法で、主に前歯、小臼歯に使われます。すき間の空いた歯や、歯の形の大きさの不揃い、あるいは歯が欠けたり折れたりしてしまった場合に、素早くきれいに修正できます。

オールセラミッククラウン
セラミックのみでできたクラウンを、歯にすっぽり被せる方法です。主に、大きく歯並びを変える必要がある場合に使われます。年月が経過しても歯肉の変色などを起こすことはなく、審美性に優れています。また歯列矯正のように治療期間を要しないため、短期間で歯並びを整えることが可能です。
ハンドスケーラー
ハイブリットセラミッククラウン・インレー
セラミックとレジン(歯科用プラスチック樹脂)を混合させてつくったハイブリッドセラミック。年数の経過によって多少の着色や変色が見られますが、仕上がりは天然歯に近いものができます。表面のつやは、オールセラミックと比較すると、やや劣ります。

ジルコニア
ジルコニアは強度に優れ、人体に対する安全性が高いことが特徴です。また金属を使わないので、金属アレルギーの心配がありません。見た目も天然の歯により近く、近年注目されている素材です。  

Posted by みなみなみ  at 15:59Comments(0)

2018年02月06日

歯と歯の間に隙間があり、よく食べ物が詰まる

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石内の歯周病菌に感染することで、歯茎が腫れたり、歯槽骨(歯の土台となる骨)が溶けたりする病気です。初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れないため、早期発見・早期治療をはかるのが難しい病気です。症状が進行すると歯がぐらぐらと動くようになり、最悪の場合、そのまま歯が抜けてしまうこともあります。しかし、早期に治療を受けられれば症状の進行を抑制することも可能ですので、「おかしいな」と思われた時にはすぐに受診するようにしてください。
生体情報モニタ
主な歯周病の症状
ブラッシング時に歯茎から血が出る
冷たいものや甘いものがしみる
歯がぐらぐらと動く
歯と歯の間に隙間があり、よく食べ物が詰まる
歯茎から膿が出る
歯茎がブヨブヨとしている
口臭がする
前よりも歯ぐきが下がってきたような気がする
朝起きたとき、口の中がネバつく感じがある
歯ぐきが赤く、腫れたり痛みがある
マイクロスコープ 歯科
ブラッシング指導
一番大切な事は、日頃のホームケア(歯磨き)です。
歯周溝にプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、歯につき始めたプラークをしっかり落とす事が大切になってきます。歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。

スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。  

Posted by みなみなみ  at 16:12Comments(1)

< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ