京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月15日

毎日の歯磨きに加え、歯科医院での処置が必要です

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。むし歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきもとても大切です。歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。

歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。
抜歯 器具
歯肉炎
歯肉部分に炎症が起こった状態です。歯肉が腫れ、歯と歯肉の間にある歯周ポケットにプラークが溜まりやすくなっています。
【治療方法】
毎日の歯磨きや歯科医院でのクリーニングで改善します。

軽度歯周炎
歯周ポケットが深くなり、炎症が歯肉から内部に進行して顎の骨が少し溶け出した状態です。
【治療方法】
毎日の歯磨きに加え、歯科医院での処置が必要です。
鉗子 歯科
中度歯周炎
歯周ポケットがより深く4~6mm程度となり、顎の骨がさらに溶け出して歯を支えられなくなって歯がグラついてきます。
【治療方法】
歯科医院での外科的処置と投薬による処置が必要です。

重度歯周炎
歯周ポケットが7mm以上になり、顎の骨が半分以上溶けた状態です。歯のグラつきがひどくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
【治療方法】
歯科医院での外科手術が必要です。顎の骨の再生治療を行い、歯が抜けた場合には入れ歯が必要になります。

治療が終わったとしても、きちんと管理を続けなければ歯周病は再発してしまいます。予防と早期発見には定期健診が不可欠です。また、鏡を見て歯肉の状態をチェックし、腫れや出血が無いか、普段から気をつけておくことも大切です。  

Posted by みなみなみ  at 16:04Comments(0)

2017年09月14日

人前に出る職業だが、昔治療した銀歯が目立って気になる

審美歯科とは、白く美しい歯にするホワイトニング、セラミックを使用して被せ物や詰め物を白い歯にする治療、歯並びを美しくする矯正歯科、失ってしまった歯を自然に修復するインプラントなど、見た目も気にした治療の総称を審美歯科と言いますが、それは手法で審美歯科の本質とは異なります。歯肉が歯周病などで赤く腫れているようでは、どんなに高価できれいな歯が入っても「審美的」とはいえません。 審美歯科とは、あくまで健康な口腔の上に成り立つものと考えております。審美歯科は、美しさと自然な口元に焦点を当てた、総合的な歯科治療です。
歯科用ライト
こんな方にお勧めしています!
これから治療をするにあたって、銀歯ではなく白い歯を入れたい。
人前に出る職業だが、昔治療した銀歯が目立って気になる。
下あごの前歯/奥歯や、上あごの前歯に金属の歯が入っている。
金属アレルギーが疑われる方で、銀歯を全部はずしたい。

セラミックインレー
金属製のインレー(歯を削ったところに詰める充填物)のかわりにセラミック製インレーを使用します。金属アレルギーの方はもちろん、見た目が自然ですのでより美しい仕上がりになります。世界的にみても、お口の中に金属を使用しないようになってきています。

オールセラミック
歯の表面を削ったところにセラミックス製のクラウン(冠)をかぶせる方法です。歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できる最もおすすめの治療法です。 当医院ではジルコニアという材質を使用しており その特徴は、なんといってもその仕上がりです。透明感があり、色調を調整することも可能なので、より自然歯に近い見た目となります。金属材料を使用したときにおこる歯茎や歯の黒ずみもおこりません。また、金属アレルギーの方でも心配がないことや歯垢がつきにくく歯肉にやさしいこと、マイクロギャップ(隙間)がないことなどメリットはたくさん。耐摩耗性があるので正しくケアすれば長持ちします。
マイクロモーター
ラミネートべニア
セラミック製の薄い板状の素材を前歯に貼り付けることで、見た目を整える治療です。 歯の隙間をカバーしやすく、すきっ歯の改善などにも適しています。

メタルボンド
金属の上からセラミック素材を焼き付けた被せ物(クラウン)。強度が高く、負荷のかかる奥歯などに使用できますが、金属の色が透けて見えたり金属アレルギーが出たりするリスクがあります。  

Posted by みなみなみ  at 17:06Comments(0)

2017年09月14日

歯科医院にてしっかりと自分の悩みを相談し、適した治療を相談しましょう

美容整形やエステ、などのイメージが湧くでしょうか。審美歯科(しんびしか)とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことを指します。歯の機能的な側面と、審美的な側面、ともに日常生活を送るには重要な要素です。

患者様によって、悩みも様々ですし、それに対する審美歯科の治療法も様々考えられます。
あきらめていた歯の悩みを解決できるかもしれません。歯科医院にてしっかりと自分の悩みを相談し、適した治療を相談しましょう。
歯科 光照射器
セラミック治療
虫歯治療など、歯を削った時等に詰め物や被せ物をしますが、保険がきくのはレジン(プラスチック)や金属といった素材になります。機能としては問題ありませんが、大きく口を開けたときにどうしてもギラギラと見えてしまいます。

そこで、セラミック治療は金属やレジンの代わりにセラミックやハイブリッドとよばれる自然歯に近い色調や透明感をもった素材を使用します。
驚くほど自然な仕上がりで、また、セラミックは陶器ですので、強度も高く、金属アレルギーもありませんので、安心して装着することができます。

インレー
インレーとは虫歯治療等で歯を削った後に歯に被せる詰め物のことです。
このインレーをセラミックやハイブリッドと呼ばれる素材にすることにより、自然の歯のような美しさを取り戻せるのです。
金属のインレー
保険適用でできる詰め物ですが大きく口を開けた時にどうしてもチラチラ見えてしまいます。
セラミックインレー
治療したことが分からないほど自然できれいな仕上がりです。
保険適用外になります。

クラウン
クラウンは歯を削る部分が多くインレーではカバーできない場合等に使用する被せ物のことです。削った歯に対してすっぽり被せます。セラミッククラウンはその特徴から、短期間で歯並びを良くしたい方にも適しています。この場合、天然の歯を矯正するわけではなく、元の歯を削りセラミッククラウンを被せることにより実現します。
スリーウェイシリンジ
ラミネートベニヤ
ラミネートベニヤは、歯の表面を薄く削り、シェルと呼ばれるセラミックの薄片を特殊な接着剤で貼り付けます。ホワイトニングが効かない場合や、前歯のすき間が気になる方などに適しています。また、クラウンで歯並びを直すことができるように、このラミネートベニヤでもある程度の歯並びをきれいに見せることが出来ます。  

Posted by みなみなみ  at 16:19Comments(0)

2017年09月13日

細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます

歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきます。症状としては歯ぐきのはれや出血などから始まり、進行すると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となっています。また、歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなっているケースが多く、35歳を過ぎると8割以上の方が歯周病にかかっているといわれています。
歯科 ユニット
歯周病は「歯周ポケット」から始まる
歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。

歯周病は健康にも関係しています
歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、その歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣にも注意が必要です。食事(よく噛まない)や歯みがき(きちんと磨かない)、ストレス、喫煙などの生活習慣が歯周病を起こしたり、悪化させる大きな要因となっています。また、一方では、歯周病が、糖尿病や誤嚥性肺炎、動脈硬化など全身のさまざまな病気と関わっていることも明らかになってきています。歯垢をしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。
ニッケルチタンファイル
歯周ポケットのチェック
プローブという器具を用いて、1本1本の歯の歯周ポケットの深さを測ります。この数値が歯茎の炎症と歯槽骨の吸収の度合いを表します。ある部分だけ、歯周病が進んでいることがあってもしっかりと把握することができます。

ブラッシング指導
歯周病治療でもっとも大事な過程です。歯科医院での専門的ケアに加え、家庭でのブラッシングが治療の成功を大きく左右します。

スケーリング(歯石除去)
超音波スケーラーを使って歯石をしっかりと取り除きます。このとき、一緒にフッ素入りクリーニング剤をつかって歯面をきれいに磨きます。  

Posted by みなみなみ  at 16:39Comments(0)

2017年09月12日

放置すると土台となっている顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう場合もあります

他の歯科治療をした方でも、よいお口の状態を維持するためには、歯周病にならないように予防を意識していくことが大切です。

歯肉炎(歯周ポケットの深さ4mm以内)あまり痛みはありません。歯肉が赤く腫れ、ブラッシングの刺激で出血することがあります。
家庭用超音波スケーラー
第2段階
歯周炎(歯周ポケットの深さ4~6mm)歯肉だけではなく、顎の骨まで歯周病菌が達した状態です。歯肉からの出血に加え、歯のぐらつき、口臭といった症状が出ます。

第3段階
歯周炎(歯周ポケットの深さ6mm以上)触れると痛みを感じます。歯のぐらつきも大きくなり、放置すると土台となっている顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう場合もあります。

歯周病が重症化すると、スケーリングやルートプレーニングだけでは歯石が除去できなかったり、また歯周ポケットの奥深くに歯石が溜まったりしてしまいます。通常はスケーリングやルートプレーニングで対応しますが、それでも歯石を除去できない場合は、外科的治療を行います。
エアーモーター
歯周病の外科的治療は、歯肉を切開して歯と歯ぐきの間に溜まった歯石を除去し、歯肉を縫合することで歯周病の改善を目指します。また、歯周病の進行によって歯の土台となる顎の骨が減少している場合は、特殊な材料を使って骨の再生なども行うケースもあります。

歯周病菌は、お口の中だけでなく、全身の病気を引き起こすことが最近の研究で明らかになってきました。歯ぐきには血管が多数あるため、歯ぐきからの出血時に歯周病菌が血管に入り込み、全身へと運ばれていきます。そして、棲みついた先の臓器でさまざまなトラブルを引き起こすのです。全身の健康維持のためにも、歯周病の治療と予防は重要です。

スケーリング
日常のデンタルケアだけでは取り除けない汚れをスケーラーと呼ばれる洗浄器具を使って除去します。

ルートプレーニング
スケーリングだけでは除去できない、歯周ポケットの奥に付着したプラークや歯石を専用器具で清掃します。その後、再付着を防止する処理を歯の表面にします。  

Posted by みなみなみ  at 16:41Comments(0)

2017年09月11日

「歯ぐきが下がってきた」こんな症状があれば、歯周病の可能性が考えられます

「歯がグラグラする」「歯肉が腫れて痛い」「歯ブラシをしたときに歯肉から血が出る」「歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった」「口臭がある」こんな症状が出る場合、まず歯周病を疑ってください。歯の平均寿命をご存じですか?場所によっても異なりますが、なんと50~60年だといわれています。

日本人の平均寿命が80歳前後ですので、歯を大切にしなければ、60歳になるころには歯が1本もない、なんていうこと考えられます。
わたしたちが歯を失う原因の一つに「歯周病」があります。「歯ぐきから血がでる」「歯がぐらぐらしている」「歯ぐきが下がってきた」こんな症状があれば、歯周病の可能性が考えられます。

歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です。清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほとんどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみでは除去できません。空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える健康な繊維や骨を破壊していきます。
血中酸素濃度計
歯肉炎
歯肉部分に少し炎症が起き、歯肉が腫れてきます。歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、そこにプラーク(歯垢)が溜まりやすくなります。適切なブラッシングで治すこともこの状態では可能です。
超音波スケーラー
軽度歯周炎
炎症が続き出血が起こります。歯と歯ぐきの溝の深さが3mmになった状態です。
プラークコントロールとスケーリング、ルートプレーニング(歯と歯ぐきの間の溝の中を綺麗にする)の治療が必要になります。

中等度歯周炎
歯周ポケットがさらに深くなります(4~6mm)。それに伴い、歯槽骨の破壊が進み、歯が痛み、歯がグラグラしてきます。軽度歯周病の治療に加え、歯周外科とよばれる簡単な外科手術が必要な上、歯科でのメインテナンス以外に、投薬等の内科的処置が必要な場合もあります。

重度歯周炎
歯周ポケットが7mm以上になり、歯槽骨が半分以上破壊された状態です。歯を支えている骨が歯根の先まで吸収され、歯がグラグラになってしまいます。対処法として、外科手術による再生療法等もありますが、抜歯せざるを得ない場合も多く、歯を失ってしまった場合には、入れ歯やインプラント等の治療で歯の機能を補うしかりません。  

Posted by みなみなみ  at 17:17Comments(0)

2017年09月11日

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため、気づいていない方が多いのが特徴です。歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、

最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。
エアスケーラー
歯周病の進行段階は、歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎という段階に分けられます。
0~2mmの場合
健康で問題ない歯ぐきであるか歯肉炎であることが多い
2~4mmの場合
歯周病の初期段階
4~6mmの場合
歯周病の中期段階
6mm以上の場合
治療に時間のかかるほど進行してしまった歯周病
ハンドスケーラー
歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます
ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。歯周病は歯磨きでは防げません。毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

タバコとの関係
タバコを吸うと肺が汚れることは有名ですが、その中にある「ニコチン」という成分は血流を悪くする特徴を持っていることはご存知ですか?そのため、歯茎や周辺組織に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなり、歯茎や周辺組織は弱まってしまうのです。 こうなることで歯周病菌に対抗する力も失ってしまいます。  

Posted by みなみなみ  at 16:51Comments(0)

2017年09月08日

指や舌で歯を押すとグラグラします

歯周病を治療するには、お口の中の歯周病菌を完全に殺菌すれば解決することができます
炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。

歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。軽度のものも含めると、40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われます。

歯肉炎
歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れています。歯を磨くと血が出ることがあります。
抜歯鉗子
軽度歯周炎
歯ぐきの炎症が悪化しています。腫れがひどくなると、歯を支えている顎の骨が溶けはじめます。

中等度歯周炎
歯ぐきの炎症がさらに悪化し、顎の骨が半分近くまで溶けています。指や舌で歯を押すとグラグラします。

重度歯周炎
歯のグラつきが顕著になります。顎の骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病を治療するには
歯周病を治療するには、お口の中の歯周病菌を完全に殺菌すれば解決することができます。しかし、現代の医学でも歯周病菌を完全に殺菌することは難しく、歯周病菌の原因のプラークや歯垢を取り除き、歯周病菌を完全に殺菌するには長期間の治療が必要になります。歯周病の症状が進行してしまっている場合は、外科的手術が必要になる場合があります。
歯科用マイクロスコープ
「歯周病治療は先送りしても、決して良くなりません」歯周病は時間の経過と共に悪化していき、歯を支えている骨を失う病気です。そうなると、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの歯を補う治療が必要になってきます。きちんと予防・治療を行う事で、細菌を取り除き症状を抑えることが出来ます。細菌を取り除き、症状を抑えることが出来れば、歯周病によって歯を失う事はありません。時間をかけてしっかりと治療することが、歯周病を完治させる一番の近道です。  

Posted by みなみなみ  at 16:51Comments(0)

2017年09月07日

歯周病は、お口の中だけの問題ではありません。

歯周病は、プラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起き、放っておくと顎の骨までもが溶かされてしまうおそろしい病気です。痛みなどの自覚症状がほとんどないまま進行し、最悪の場合には顎の骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。そうならないためには、定期的に歯周病検査を行うことと、予防に努めることが大切です。

歯を喪失する原因で多いのは、虫歯と歯周病ですが、中高年以降では、特に歯周病が、その原因となっています。

成人の方の約8割が、歯周病に罹患しています。
歯周病はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と言われ、かなり進行するまで自覚症状がありません。

歯周病になると、歯と歯肉の結合が壊され、歯肉が歯から剥がれてしまい、スキマ(歯周ポケット)ができます。
さらに進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)まで溶けてなくなってしまいます。
歯肉からの出血、腫れ、痛みなどを繰り返し、やがて歯がグラグラしてきて、最後には抜けてしまいます。
歯科治療器具
歯周病は、お口の中だけの問題ではありません。
心臓病の原因となる事もありますし、妊娠中であれば,早産・低体重児出産のリスクが高まります。
また、糖尿病の患者さんが、歯周病を治療したら、血糖値が下がったという報告もあります。

歯周病には、4つのランクがあり、それぞれ症状により、治療法も異なります。 
こちらでは、当院の治療の進め方と合わせてご説明致します。
1歯と歯肉の間から入った細菌(歯垢、歯石)が歯肉に炎症を引き起こす。
歯肉は赤く腫れ、出血しやすくなる。

2細菌が歯と歯肉の境目から割り込み、歯と歯肉を離れさせる。
光照射器
3歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って歯の先へ侵入し、繁殖してにおいを発する(口臭)。さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまう。
ポケットからは、常時、血やうみがにじみ出ている。

4歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って歯の先へ侵入し、繁殖してにおいを発する(口臭)。さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまう。
ポケットからは、常時、血やうみがにじみ出ている。  

Posted by みなみなみ  at 17:40Comments(1)

2017年09月07日

歯周病を甘く見ると大変な事になります

歯周組織は、歯肉のほか、歯を支えている歯槽骨、歯根膜、セメント質などからなりますが、炎症が歯肉だけに限られているものを「歯肉炎」、歯槽骨や歯根膜にまで炎症が広がったものを「歯周炎」と呼んでいます。
歯周炎になると、歯槽骨のまわりに膿がたまり、漏れ出るようになるため、「歯槽膿漏」とも呼ばれています。

歯周病は、初期には痛みや出血などを伴うことが少なく、自覚症状のないまま進行しやすいので、要注意です。 下記は歯周病の主な症状です。当てはまるものがないかチェックしてみてください。

朝起きたときなどに、口の中がネバネバする。
ブラッシング時に出血する。
口臭が気になる、指摘された。
歯肉がむずがゆい、痛い。
歯肉が赤く腫れていたり、赤黒くなっている。
かたい物が噛みにくい。
歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい。
歯が長くなったような気がする。
歯ぐきを押すと血や膿が出る。
歯がグラグラするようになった。
歯科治療器具
歯周病を甘く見ると大変な事になります。実は日本人の歯を失う原因の半分は歯周病です。歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちていきます。初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

歯周病の進行
歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来る限り早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかりはじめは自覚症状があまりない病気ですので、検査を受けて症状を知ることも大切です。
ハンドピース
歯周病の予防
初期段階であれば、歯磨きでプラークを取り除き、歯石を除去してもらうことで治ります。しかし、ほっておくとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が解け始め歯周病となります。 炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気付くと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。
  

Posted by みなみなみ  at 17:07Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ